2018年03月11日

責任について


逆境を糧に・・・

ど〜も、オーナーの紘彰です☆


当地域では、2/16から渓流釣りが解禁されています。


自然の恐ろしさをよく分かっていなかった20代の頃、

一度だけ2/16の解禁日に釣りに行ったことがあります。


もう大変でしたよ。

私が好む入渓ポイントは山間部ですのでね。

駐車地点まで軽トラで行って、

そこから山の中を歩いて入渓するのですが、

車移動の路面が、分厚い雪に覆われていて、

タイヤが埋まって動けなくなって焦ったり、

どうにか駐車地点まで車で行って、そこから歩いて

入渓ポイントを目指したのですが、

川原の岩場が凍っていて

何度も転倒したり、もう散々でした(笑)


解禁日当日なので、そこそこ釣れましたが、

危ないということを充分に認知したため、

それから解禁日当日もしくはその直後に行くのは

控えています。

それ以降、春の気配を感じるようになってから、

シーズン初の渓流釣りへ行くようにしています。



そして今年・・・


山間部の路面の雪や凍結も溶けた3月中旬に

差し掛かったので、今日、行ってきましたよ☆


“釣りがしたい!” という 私利私欲にかられていた

20代の頃とは状況が違います。


今は体験型民宿を運営する中で

“渓流釣りガイド” を行っております。


お客さんをガイドできる条件を満たしているかどうかを

見極めるために川に入ります。



条件

@宿から駐車地点までの車移動が安全であること

A駐車地点から川への徒歩移動が安全であること

B川に入ってから流速や水深など安全であること

C魚がたくさんいること



上記4つを満たすのって、正直厳しいです。


私利私欲の釣りであれば、Cだけで充分です。


どんなリスクを背負っても、自己責任で済みます。


ただ、お客さんのガイドとなると、


Cは一番後回しでいいんです。

@〜Bが必須条件になるんです。

そうでないといけないんです。


安全管理は最優先です。


渓流釣り以外にも色々な体験メニューを用意して

おりますので、万一の怪我や事故に備えて、

賠償責任保険や旅行傷害保険に加入しておりますが、

幸い、一度も使う事態になったことはありません。


安全管理はとにかく徹底しております。



渓流釣りの話に戻りますが、

@〜Bをクリアし、Cをそこそこクリア

している絶好のポイントがあるのですが、

今年から行けなくなります。


リニア工事の関係で道路が通行止めになったり、

大型ダンプが行きかうような場所ですので、

今年はお客さんをガイドするのは無理です。



@〜Cを満たす新ポイントの発見が必要に

なったのです。


勝手な世間の理由で・・・

なんでそんな理不尽な・・・

という思いが確かにあるのですが・・・


世の中が常に変化するのは当たり前ですから、

その状況を前向きに捉えなきゃいけないと思う自分も

いるんですよね☆


変えようのない現実をちゃんと受け入れて、

じゃあ、その先どうしようって考えて行動すると、

結果、成長できると思うんです。


今日は、日本を揺るがす大震災が起きた日ですね。

軽トラのラジオから震災関連のニュースが流れる中、


新ポイントを発掘してきました。


IMG_1975.JPG

IMG_1943.JPG

IMG_1981.JPG



震災の事もあり、


色々なリスクを想定しながら釣り歩いてきました。


今ここで地震が起きたらどうする?

熊が出たらどうする?

お客さんがスズメバチに刺されたらどうする?

急な夕立が降りだしたらどうする?

お客さんが川の深みにはまったらどうする?


あらゆる危険を想定しながら歩いてきました。



疲れましたが、シュミレーションしながら

釣り歩いてきました。


大丈夫です☆

初心者のお客様にもガイドできるポイントです。


それを言えるのが、

“責任” です。


今年はここを中心に渓流釣りガイドいたします☆




posted by mibu at 21:43| Comment(0) | 日記

2018年03月03日

春の訪れ



春・・・

ですなー・・・ 

しみじみと春の訪れに浸っています♪


オーナーの紘彰です。


冬の厳しい寒さも和らぎ、ようやくポカポカ陽気を感じる

ようになりました。


今日の朝ご飯、

「庭のフクジュソウが綺麗だよ」

と嫁さんが言ったのを聞いて春の気配を感じました。


恥ずかしながら、

私は “花より団子” な低俗な人間なので、

庭のフクジュソウに全く気が付いていませんでした。



玄関前ですからね、

日常生活の中で目に入っているはずなんですけど、

興味がないから気が付かなかったんです(笑)



見ようと意識して見ると

おお〜☆

確かに見事だな〜☆


綺麗だ♪


IMG_1801-2.jpg



そんなもんですよね(笑)


綺麗なもの

美しいもの

大事なもの


って、日常的に目に入っているはずなんですが、


気が付かないことが多々あります(恥)



綺麗なもの

美しいもの

大事なもの


って、

本当は常に目の前にあるんです。


欲しがるんじゃなくて、

実はもう目の前にあるんです。



だから、

それに気付ける心が欲しいだけなんです。



と・・・・

えらそうに分かったような口を聞いていますが、

俺は相変わらず、

こっちに気付くのは早い・・・


食い物(笑)


IMG_1773-2.jpg

IMG_1775-2.jpg


庭に顔を出している姿に速攻で気付きました(笑)


フキノトウです。

この地域では方言かな? “フキントウ”と言います。


俺にとっての春の訪れを告げる使者は、

やっぱり

“フキントウ” ですな☆


“花より団子”


食べ物で四季の移り変わりを感じる、

これはこれで幸せかな?



今年も

た〜くさん

面白いことがありそうだ☆


“農家民宿ひがし”


始動しますぜ。




posted by mibu at 19:36| Comment(2) | 日記

2018年02月17日

Petit Sylph


こんにちは。佑奈です。
ご無沙汰しております。

本日はこの場をお借りして、ご報告させて頂きたいことがございます。

28275598_2069005289977770_551766666_o.jpg

この度、ネット上にチランジアの通販専門店をオープン致しました。
2年越しの想いが、やっとかたちになりました。

お店の名前は『Petit Sylph』(プチシルフ)と申します。“小さな風の精霊”という意味です。

チランジアはエアープランツとも呼ばれる、生育に土を必要としない不思議な植物です。初めて出会ったときに、ものすごい勢いで心を奪われ、いくつも手元に置いてお世話をするうちに、このチランジアを他の方々にも見て知ってもらいたいと思うようになりました。そして、お店を持って、チランジアとの出会いを演出したい!と強く思うようになりました。


まだオーナーと出会う前になりますが、私はひとりでこのお店の準備を進めていました。その後結婚が決まり、要領の悪い私はなかなか準備を進められずにきてしまいました。しかし、お付き合いしていた頃から、オーナーが「チランジアをやるべきだよ」と背中を押してきてくれたこともあり、ゆっくりとマイペースにですが、開業の準備を進めて参りました。そして、やっとそのお店をオープンさせることが出来ました。


28169965_2069007226644243_1206302532_o.jpg

チランジアは本当に魅力的な生き物です。可愛らしさ、美しさ、力強さ、どれをも兼ね備えています。同じ種類でも、個体によって全く個性が異なるんです。ひとりひとりが、全く違っていて、キラキラしています。まるで本当に、妖精が部屋に舞い降りてきてくれたように感じてしまいます。

私は、チランジアにたくさん助けられてきました。チランジアたちと一緒に生活する中で、心を救われてきました。チランジアが元気でいてくれることに元気をもらい、お花を咲かせてくれたことや、子株が誕生してくれたことに感動させてもらい。心底、彼ら、彼女らに助けられてきました。

結婚が決まったとき、オーナーに最初にお願いしたことが、チランジアをお家に持って来させて欲しいということでした。そんな私の身勝手な申し出を、嫌な顔ひとつせず快諾してくれたオーナーには、本当に、感謝しています。今も、私がサイトの準備をしたり日々のお世話をすることを応援してくれて、本当に本当に有難く、思っています。

長文になってしまいましたが、もし宜しければ、お時間があるときに是非『Petit Sylph』をのぞいてみて下さい。キラッキラのチランジアたちが、少しでもみなさんの目にとまり、新しい刺激や幸せに繋がりますようにと、願っております。

Petit Sylph
https://www.petitsylph.com

posted by mibu at 23:34| Comment(0) | 日記