2018年05月14日

60年前と変わらぬ光景


結婚も葬式も自宅で・・・

一昔前の日本では、どこでも当たり前のように自宅で

冠婚葬祭の行事を行っていましたね。

時代の移り変わりとともに、それを専門に請け負う

冠婚葬祭業が充実してきました。


今では、結婚式は結婚式場、葬式は葬儀場で行うのが

当たり前となっています。


私も、2年前に他界したお爺さんの葬式は葬儀場で

やりましたし、去年の結婚式は結婚式場で行いました。


古き良き日本の風習や伝統を大事にする私としては、

実は、ある画策があったのです。


冠婚葬祭の行事を

自宅(民宿)でやりたい・・・・


なので、やっちゃいました・・・・



去年、結婚したのですが、身内だけのこじんまりとした

式を結婚式場で挙げました。


ただ、田舎で暮らしている方には、この感覚が分かると

思いますが、“隣組(となりぐみ)”との義理は絶対に

欠かしてはいけません。

田舎で暮らす上での絶対条件といっても過言では

ありません。


都会で暮らす、特に若い方は、隣組が何なのか

知らない方が多いと思いますが、

隣組というのは、近所数軒で構成している相互扶助の

自治組織です。


簡単に言うと “ご近所付き合い” のことですが、

田舎であればある程、その程度が濃密であると

お考えください。


私が住んでいる地域は、濃密なお付き合いをしている

地域です。



葬式にも結婚式にも当然のように出席してもらいます。

呼ばないという選択肢はありません。


呼ばないと “不義理” をしたことになります。

一度や二度の不義理は、まぁ、セーフかもしれませんが、

あまり不義理を繰り返していると、

その先には、“村八分” という最悪の状況が

待っています (*_*)

相手にされなくなります。


去年の結婚式は、私と妻の意向で、大袈裟な大きな

式にはしたくなかったので、親兄弟、叔父叔母、

祖父母だけの質素な式を結婚式場で挙げました。


ということは・・・


日を改めて、

隣組のみなさんをご招待する披露宴を開かなければ

なりません。


それを昨日やりました。

自宅(民宿)で・・・

IMG_2642.JPG



前日に、部屋を仕切っている襖(ふすま)を取り払って、

60畳の大広間にしました。

IMG_2601.JPG

IMG_2617.JPG



私のひいお爺さんが写っている昔の写真を

ご覧ください。

おそらく金婚式のお祝いだと思うのですが、

昭和30年頃の写真です。

img120.jpg


約60年前に撮られた写真と、

全く同じ場所で、全く同じ光景を再現しましたよ☆


いやぁ〜☆  楽しかった♪♪


ベロンベロンになるまで飲んでもらったし、

私もベロンベロンになるまで飲んで飲んで

飲みまくりました☆

IMG_2658.JPG



60畳の大広間ですからね、

こんな事まで出来ちゃう。

隣組の皆さんが私たち夫婦のお祝いのために

“花笠音頭” を踊ってくれました♪

IMG_2655.JPG



去年、結婚してから、隣組のみなさんに正式な報告も

出来ないまま、落ち着かない気持ちでいたのですが、

これで、ようやく


ほっとしました。


良かった☆ 楽しかった♪



妻いわく、宴が終わって、全員見送ったあと、

私はパタンと倒れて、深い眠りについたそうです(笑)




posted by mibu at 21:57| Comment(4) | 日記

2018年04月09日

掘り炬燵


掘り炬燵を直しました☆


桜の花も散り始めた南信州、

ポカポカ陽気が続き、完全に春になったと思いきや

明け方の最低気温が 0℃に迫る“寒の戻り”。

いや〜寒い!


油断できない。


これがあるから、

炬燵(こたつ)をしまうのは5月に入ってからって、

私は決めているんです。


今日は、そんな“炬燵”の話です。


都会の暮らしでは、もはや珍しい“炬燵”ですが、

うちでは、普段生活している住居でも

その隣で運営している民宿でも炬燵を使っております。


もちろん電気炬燵のことですが、


なんと、民宿の方には、


使ってはいませんが、

“掘り炬燵” があるんです。

IMG_2237.JPG



現在、一般的に普及している電気炬燵の先輩です。



45センチ四方に畳を切って、四角い火鉢のような

ものを埋め込んであるわけです。

そこに豆炭を入れて熱源とします。


畳を切った部分は、通常(使わないとき)、

同じサイズの畳で隠してあります。

IMG_2347.JPG



民宿には、この掘り炬燵が三つあるのですが、

正常な状態のものは一つのみで、あとの二つは、

火鉢を受ける縁が腐っていて、火鉢が下に落ちて

います。

写真のような状態です。

IMG_2249.JPG



この二つの掘り炬燵をですねー、

お得意のDIYで直しました。


いや、得意でもないですね、

でたらめなDIYで直しました☆


IMG_2260.JPG

IMG_2261.JPG



何故直したかと言うとですね〜

私が使ってみたいという個人的な欲求と、

使ってみた結果、冬の田舎体験の一つとして

お客様に提供できるかもしれないと

思ったからです☆


もちろん、これから気候が暖かくなるので、

実際に提供できるのは、最短でも炬燵が必要になる

今年の秋からになります。


そして、

使い方なんですがね〜、

これがイマイチ確信が持てないんです。


物置に、

掘り炬燵用の、っぽい

道具があったので、

たぶんこれで良いと思うのですが、




IMG_2265.JPG

IMG_2267.JPG


木枠

IMG_2274.JPG

IMG_2279.JPG


下敷き

IMG_2280.JPG



うん、あとは

これに、電気炬燵同様、

テーブルと布団でいいと思うんだけど、


なんせ熱源が“豆炭”ですからね、

足を延ばした時に、直に触れてしまうと火傷します。

そのためのガードとなる金網なんですが、

網目が大きくて、

なんか心配なんですよね・・・

IMG_2265.JPG


足の小さい子どもなんかは、

網目に足が入っちゃうんじゃないの?


そこで思ったのは、

金網の上に被せる木枠、もしかしたら、ここに

もう一つ被せるガード(木製の格子 or 目の細かい

金網)があるんじゃないかな?


そう思って、物置をもう一度探したけど、

発見できませんでした。


他界する前に、お爺さんに使い方を

よく聞いておけばよかった・・・


まぁ

今シーズン、自分で使ってみて、安全上必要な

ものは自分で作ります☆


自慢する訳ではないですが、

危険を察知する能力には優れている自信があります。


自分で必要な物を作って、使ってみて、

道具の安全対策はどうにかできますが、

一番危険なのは、人による誤った使い方です。


なので、掘り炬燵体験を提供できるケースとして

現実に想定できるのは、

貸切利用のお客様ではなく、

学生のホームステイや研修など、私が傍にいる場合

だけになりますね。




posted by mibu at 01:49| Comment(2) | 日記

2018年03月26日

龍の形の雲


オーナーの紘彰です!!


みなさん、今日、空を見上げましたか?


龍がいましたね!


いや、本当です。


龍がいました。


長くて太いひと筋の雲です。



あまりに見事なので、

思わず写真に撮りました。



IMG_2129-1.jpg




飛行機雲? 地震雲?


いや、幸せを運ぶ “龍の雲” です!




何事も

捉え方次第なんですよね(笑)


不思議な現象を

災いの前兆と捉えるのか、

良いことがこれから起こると捉えるのか、

・・・


私は後者の方です。


良いことが起こると思っています☆



思い起こせば、

去年の今頃ですね。


田舎の魅力を人に伝える手段として、

長年、

ブログを綴って

いたのですが、

より多くの人に伝えたくてフェイスブックを

始めました☆


そしたら、

魅力的な女性と繋がって、

・・・

・・・



結婚しました(笑)


私が日頃、空を見上げるようになったのは、

空を見上げるのが好きな嫁さんの影響です。



“龍の雲” を見たことだし、これから更に良いことが

起こりそうだ☆



世の中や自分の周りの状況は常に変化するものです。


考え方次第で、その後の人生がプラスにも

マイナスにも変わってくるように思います。


変化を恐れるのではなく、成長するための糧と捉えて、

前向きに受け入れるように私はしています。


変化を恐れて何もしない

という姿勢では前進も成長もしません。


どんな些細な事でも、チャレンジして成功体験を

積み重ねることが大切だと思っています。


出来た☆

上手くいった☆

やれば出来る☆


それを繰り返すことで自信がついて、

前向きな姿勢になって、ますます行動意欲が

湧いてくる。


私の幼少期は、自分に自信がないネガティブ少年

でしたよ。


でも今はポジティブおじさんです(笑)


人生を豊かに楽しく過ごすポイントって、

“ポジティブ思考”でいることだと思います。



自分で経験してきたからこそ思うんですよね。


そのために

“チャレンジすること”

“行動すること”

これがいかに重要かって。




posted by mibu at 21:40| Comment(0) | 日記