2020年06月10日

田舎の時代


なんだかよく分からないけど、“議会モニター” になりました。

この村の、とある議員さんから “議会モニター” になって欲しいと頼まれて、それがなんなのかよく分からないまま「いいですよ」と簡単に引き受けてしまいました。

その議員さんには、なにか思うことがあって私に依頼してくれたと思うんですよ。
なので、よく分からないけどお引き受けしました。

資料が送られてきたので、鹿のサイコロステーキを食べながら読んでいます。

IMG_9158-2.jpg


ふ〜む

どうやら、“議会モニター”というのは議会を傍聴して、感じたこと(意見や要望)を述べる人のようですね。それが村政への提言に反映されることもあるようです。

いいですね☆

移住者対策に自分は問題意識を持っているので、その辺が議題に挙がった時に重点的に意見を述べていこうと思います。

移住者にとっては、現状、この村は居心地の良くない場面が多々あります。
この村だけではないですね、多くの田舎がそうかもしれません。

一言で、“閉鎖的” なんですよ。

私は移住してきて17年目で、移住当時(22歳)から地域付き合いをしてきましたので、この村で生まれ育った同年代よりも、地域のこと、村のことをよく知っています。
移住当時は、歳のかけ離れた人たちの中でビクビクしながら地域付き合いをしていました。
でも、もう誰も怖くありません。

移住者だから気が付く問題点があります。
これからの時代、移住者が住みよい政策が必ず必要になってきます。

●これから都市部から地方への移住の波が加速します。
●田舎暮らしを目指す人が増えてきます。
●東京の一極集中時代は、おそらく終わります。
●お金を稼ぐことよりも個人の幸福を尊重する時代になります。
●ネクタイを締めて満員電車にギューギューに押し込められて出社しなくても仕事はできます。
●モノ作りの会社や医療介護系とか、どうしても出勤が必要になる会社や組織はありますが、リモートワークで済んじゃう業種もたくさんあります。
●日中よりも夜中に頭が冴えるタイプの人もいます。
●時間を拘束して無駄に働かせるスタイルから、成果主義に移行します。
●そうすると合理的な考え方をする人が増えます。
●働く時間を減らしても結果を残せる人が増えます。
●会社が労働時間をコントロールするのではなく、自分で労働時間をコントロールするので、現代の共働き世帯の子育て問題とかも解消されてきます。
●都会のコンクリートジャングルよりも田舎の方が子供にとっては良い環境と考える親は多くなります。

働くために生きているんじゃなくて、生きるための手段として働いているんです。

今回のコロナ問題で気付かされた方は多いと思います。

これからの時代は、東京ではなく地方の時代です。

田舎は閉鎖的なままでどうするんですか。
移住者の視点を持った者が村政に携わることが、これからどうしても必要になってきます。

移住者としてバシバシ言っていきますよ。
誰も怖くないので☆


posted by mibu at 22:16| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
「議会モニター」大賛成です!
「閉鎖的」な地方(殆どの自治)に風穴を開けてください。
ヒロさんの場合、議員になった方が直截で奏功だと思うけど。
つまり、ヒロさん派を拡大して(含職員)、村や町を、理想、
「経営」という在り方です。
議員の職責とは「実行」だけど、現実は保身と忖度だけで、
腹の底から変革しようなんてホンネのつわものは、いやしない。
『破戒』で立脚した藤村のように、いま伊那谷から、信州から
「地方」を目覚めさせていってください。
唯一のハードルは「ハード」ですけど、何とか算段ならぬものかと……。
「東京一極集中時代は終わり」との透視は言い得て妙ですが、実は、
コロナめの災禍で3か月の籠城から都心(毎土の銀座等)に出れず、
“東京にいなくてはならない”理由がなくなっていることに気付いたのです。
もっとも、いまさら僕には不問ですが。
無為に暮らしている人たちには、ヒロさんの千里眼、ビッタシです(特に若めの人)。
というのも、「生きるための手段として働いている」との素晴らしい理念に
喝采したからです。そうです、人間らしく生きて、納得が叶う人生を
足跡するということです。
その意味でも、この際、雄々しく典範してください。蜂起です。
モモさん、我が家でも好評でした。
僕は正座して、合掌してから、真摯な思いでいただきました。
「鹿と聞いていなければ分からない」上等品との、素敵なステーキでした。
僕の感想、「素材を思うと贅沢、及びその価値観」。
そして、商品化とその仕上がりに敬意です。プロセスにジンと浸りました。
酔いにもハマって甘んじ過ぎて、摩耗の歯が疲弊を訴えました ^_^
(素材に関係なく、宿命のようです。)
ごちそうさまでした。















Posted by ヤヤヤッの爺 at 2020年06月13日 12:22
ヤヤヤッの爺さんへ
コメントありがとうございます。壬生です。
今回のコロナ禍で世の中の仕組みや仕事に対する考え方、価値観が大きく変わると思います。
金儲け第一主義から、個人の生き方の追求や精神的豊かさを優先する生活を望む人が増えてきます。
これまで人口が流出していく一方だった田舎は、都市部から若年層を呼び込むチャンスです。
最大にして唯一の難関は“閉鎖性”です。
よそ者を歓迎しない、凝り固まった考え方に固執し、新しい価値観を受け入れようとしない。
そんな雰囲気が根強く残っているのは事実です。
これから田舎改革が必要な時代になりますね。
簡単に出来ることではありませんが、微力ながら自分にできることはやっていこうと思っています。
壬生より

Posted by 壬生 at 2020年06月14日 19:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。