2019年07月29日

脱 “都会コンプレックス”


自分ではどうすることも出来ない状況があります。

今の世の中で、その環境に適応して暮らしている中で、自分はこうしたいって思って行動して、それを仕事にして、真面目に取り組んで形になってきて、このまま行けばいいなって思うけど、世の中そんなに甘くはないんですよね。

私の商売は “田舎らしさ”をセールスポイントにしているので、国策や公共事業による“開発”には、もろに影響を受けます。

前回ブログに綴った想いの通りです。
自然や田舎らしさを売りにする “農家民宿ひがし” は、間もなくリニア新幹線工事の荒波に飲まれていきます。
“このままがいい” けど、“このまま” じゃなくなります。

自分ではどうすることも出来ない状況の中で、卑屈になって腐るか、なにくそ根性で前を向くかは自分次第です。

・・・・
・・・・

前を向くことにしました。


先日、うちにホームステイした東京の中学生、そのうちの一人の生徒が昆虫が大好きで、カメラを持ってうちの庭でカシャカシャと色んな昆虫を撮っていました。

「え!! すげー!!!」

興奮しながら、ある特定の昆虫を撮影しまくりだしました。
しかし私は毎日見ている昆虫だったので彼に聞きました。

「え? なにがすごいの?」
「これは珍しいカミキリ虫です。 以前にペットショップで一度見たことがあるだけです。」

薪にするための原木を庭に山積みにしてあるのですが、そこで発生したのか、集まって来たのかは分かりませんが、とにかくたくさんいます。

“ルリボシカミキリ” です。

IMG_7267.JPG

IMG_7294.JPG

「え? 珍しいって、ここにいっぱいいるよ」

IMG_7264.JPG


「こっちでは交尾しまくってるし・・・」

IMG_7351.JPG


生徒がペットショップで見たという話が気になって、ちらっとネットで調べてみました。
確かに一匹2,000円前後で売買されていました。

しめしめ (笑)
ざっと20匹はいるから、2,000円×20匹か (笑)
フッフッフ・・・(笑)


な〜んてね☆
そんなことはしません。
ここはうちの敷地内、あなた方のこの夏の暮らしは保証します。

ただ、これは薪にするための原木です。
冬には割ってしまいます。

彼らにとっては、私こそが棲み家を奪う “環境変化” の張本人になるでしょうね。
彼らはたくましく、ここを出て行くでしょう。


さて、田舎から、なぜ若年層が減り続けるのか?
居心地が悪いから出て行くんですよね。

この居心地の悪さってなんだろう?
高校から先の学校がない。働く場所(仕事)が少ない。伝統的な古臭いご近所付き合いが嫌だ。

つまり、楽しくないんですよ。


田舎はいまだに “都会コンプレックス” を持っている。
これを脱却しない限り、田舎は衰退し続けます。
仕方なく田舎に残る人を守ることはもちろん大事だけど、
田舎で暮らしたいっていう移住希望者のニーズにもっと目を向けるべきです。
これが田舎に移住して16年目を迎える私の意見です。

田舎には田舎でしかできない役割があります。

田畑の耕作放棄、山林の荒廃、労働人口の減少、田舎ではこれらの現象が加速しています。
それは今の社会の中では当たり前です。

都会の真似をしようとするからです。
田舎でしか出来ない強みを生かしていないんです。

おこがましいですが、
私は出来ました。

お爺さんから受け継いだ田畑、山林を手入れすることでお客さんを呼びました。

一次産業っていうと、補助金とか助成金をもらって成り立っているっていう弱い産業のイメージがあります。
私は開業時にリフォーム助成金という村の助成金の20万円を貰いました。
それだけです。 返そうと思えばいつでも返せます。

融資も受けずに、公的資金の援助も受けずに(開業時の20万円は受けた)、自力で悠々自適な農家民宿を作りました☆
できるんですよ☆

これから、これをモデル化する作業に入りたいと思います。

今後、自分がどうするかも含めて、田舎にもっと若者を増やそうプロジェクトを進めて行きたいと思います。
だって、自力での田舎生活、出来るんだから☆
そのノウハウは伝えて行きたいと思います。


posted by mibu at 21:58| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。