2018年06月12日

虫に優しい捕獲トラップ


麦わら帽子をかぶった36歳のおじさんが

肩に虫かごを掛けて、腰にはナタをぶら下げて、

周囲をキョロキョロ見ながら

歩いている・・・


渋谷のスクランブルだったら、まず捕まりますね・・・



大丈夫☆

ここは信州の山の中です。



むしろ、ここでは自然なスタイルです☆



クワガタを求めて、近所の山の中を歩き回りました。


うちは体験型民宿ですからね、

これから訪れる夏休みなんかは、大勢の子供たちが

田舎で過ごす夏を楽しみに、うちに泊りに来ます。



私の幼少期がそうでしたが、特に男の子は、

カブトムシ&クワガタを捕るのが楽しみなんです☆


今は6月の中旬です。

カブトムシはまだ捕れません。

クワガタはカブトムシよりも発生の時期が早いので、

今頃から捕れるようになります。


クワガタ捕り〜♪


ということで、下調べのため、36歳のおじさんが

童心に帰って山の中を歩き回ってきました♪


残念ながら・・・

今回の下調べでは

カブトムシ&クワガタが確実に寄りつく、

樹液が出ているクヌギを発見することは

出来ませんでした。


樹液が出ているクヌギの探し方ですが、

昔さんざんカブトムシを捕った人なら

共感してもらえると思いますが、

独特の甘いにおいがします。


その甘いにおいをたどっていくと

樹液が出ているクヌギに行き着きます。


嗅覚を頼りに山の中を歩き回りましたが、

樹液の香りを感知できませんでした・・・


でも、クワガタが棲み家としている樹は

発見できました。

IMG_3034.JPG

IMG_3028.JPG

IMG_3084.JPG

IMG_3042.JPG



樹液が出ている樹は無いが、クワガタが生息している

ことは確認できた。

おそらく7月中旬頃になれば、カブトムシも

発見できると思う。



樹液が出ていれば、そこに集まるのは間違いないのだが、

う〜ん・・・

・・・


そうだ!


定番の

バナナトラップを作ろう!


材料は

●バナナ

●砂糖

●焼酎

●ドライイースト



これらをミックスしてジップロックで密閉して、

発酵させれば出来上がり☆


強力な誘引剤になります。


IMG_3047.JPG



使用方法は何パターンかあります。


ハケなどで、直接樹に塗りつける

ストッキングに入れて樹に巻きつける

ペットボトルに入れて樹に縛る or 吊るす


私は今回ペットボトルトラップを採用することに

しました。


経験上、これが一番誘引効果が高いように思います。


ペットボトルに、虫が入れる小窓をカッターであけて、

中に誘引剤を入れます。


ただ、通常のペットボトルトラップって、

私はあまり好きではないのです。


誘引剤に導かれて小窓からペットボトルに

入った虫は、もう出ることができません。

プラスチックなので、出ようとしても滑って

出ていけません。


夏場、頻繁にペットボトルトラップを見かける

のですが、出られなくなったカナブンや蜂が

中に入ったまま死んでいるのをよく見ます。


無用な殺生はしたくないので、

私のはオリジナルです。


ペットボトルの内側と外側にタオルを巻いて、

自由に出入りできるようにしてあります。


こんな感じ

IMG_3052.JPG

IMG_3056.JPG

IMG_3077.JPG



えっっ!!

自由に出入りできるって、

そんなのトラップじゃねーじゃん(笑)


って思われるかもしれませんが、

見に行ったときにくっついているカブトムシや

クワガタをゲットする、

それくらいで私はいいのです☆


早速、今夜&翌朝からの見回りが楽しみです♪





posted by mibu at 19:05| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。