2015年02月15日

いただきます


先日のブログに書きましたが、私は猟師になることを

目指しています。


昨日、狩猟免許試験の前の、事前講習会があり、行って

きました。

狩猟免許試験は今度の土曜日です。

試験に受かりやすいように、事前に講習してくれる訳です。

試験は筆記と実技があります。

ぱっと見、参加者は50人弱くらいでしょうか。


朝から夕方まで、みっちり試験対策の講習を受けて

きました。

P2140064.JPG

P2140084.JPG



実技講習で、模造の猟銃を使っての取扱い方法を教えて

もらったのですが、猟銃の“分解と結合”が上手くいき

ませんでした。

分解は問題ないのですが、結合(元に戻す)が上手く

いきません。


模造の猟銃がテーブルに4つ並んでいて、名前を呼ばれた

順に猟銃の前に立つのですが、私の目の前にある猟銃、

見るからに古くて、扱いにくそうでした。


一通りレクチャーを受けてから、実際に作業します。

分解を終えて、「分解終わりました」と言うと、

講師の方が、「それでは結合してください」と言います。

それを聞いて「結合します」と言って結合(元に戻す)

作業をします。

ガチャガチャガチャ・・・・

全然結合できない・・・ (+_+)


これは講習ですから、講師の方が助け船を出してくれます。

「ガチャガチャさせないで、力ずくでやったらダメ」

「こうやるんだよ、貸してみな」


ガチャガチャガチャ・・・・

講師の方も中々、結合できない・・・


ようやく結合した後に、「まぁ、この銃は扱いづらいから、

本試験でも、その辺は考慮するから」


本試験ではこの銃に当たりたくないな、と思いつつ、

隣の方の銃を貸してもらって触っていると、

「お〜、扱いやすい〜」と思わず本音が。


すると、講師の方から、「他の銃には触らないほうがいいよ、

本試験でも同じ銃を使うから・・・」


・・・・ えっ  (・_・;)


どうやら講習会で使った銃は、本試験でも同じ銃を使う

ようです。


扱いづらさは考慮してくれるようなので、まぁいいか。


座学では、筆記試験に出題されそうなポイントを、

テキストを使って、重点的に教えてもらいました。


出題されそうな箇所は、講師の方が教えてくれるので、

赤線を引いてチェックしました。


講習の最中、講師の方から、「試験には出ませんが、認識

しておいて頂きたいことがあります」 とのお話が

あり、紹介されたページがここ。

“獲物のさばき方”という章の冒頭です。

P2140079.JPG



試験には出ないと言われたのですが、思わず赤線を引いて

しまいました。

P2140081.JPG


画像をクリックすると拡大されます。


本当、その通りですね。


食事の前に唱える「いただきます」

命をいただきます。

という意味ですよね。


スーパーでパックに入っている肉をみても、それは

実感しにくいですよね。


野生の鳥獣を仕留めて解体する光景は残酷です。

同じように、スーパーに並ぶ前に家畜が屠殺され、解体される

光景も残酷です。

狩猟で捕った鳥獣か、家畜かの違いだけで、残酷な工程を

経なければ、私たちの胃袋に収まらないのは同じです。


猟師になって、その現場に立った時、命の重みを

もろに実感することになります。



私は、害獣駆除について、もっと活用する道はないのかな

と思っています。


狩猟と害獣駆除は違います。

野生の鳥獣を仕留めるという行為自体は同じですが、

その目的が違います。


害獣駆除の場合、山や田畑を荒らすシカやイノシシを

被害防止のために捕殺します。

そして、そのほとんどが、穴を掘って埋めるなど、

活用されずに処分されている現状があります。


もちろん、害獣駆除の場合、食用消費や活用を目的として

捕殺している訳ではありません。

食用には適さない鳥獣も捕殺しています。


そのような結末は、やむを得ないことだとは理解して

います。


ただ、やはり、食用に適するシカやイノシシは、もっと

有効に消費する道はないのかな、と思います。


そうなると、やはり、ジビエの販路を拡大して、食肉

処理業の許可を満たした解体処理施設が必要になるな、

と思っていた矢先に、近隣の伊那市で、それを実現した

新聞記事が載りました。


私は毎朝、新聞を読みます。

特に近隣市町村の記事は入念に読みます。

興味があるからです。


その、伊那市の記事がこちら

P2150062.JPG

画像をクリックすると拡大されます。



まさに私がやりたいと思っていたこと、そのまんまです。

県の“元気づくり支援金”という補助金制度を使って、

この村にジビエの解体処理施設を作りたいと思っていました。

ほんとまさにそのまんま。


伊那市の猟友会すごいな。


近隣の市に良い先進事例が出来た (^_^)


posted by mibu at 14:42| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。