2020年06月10日

田舎の時代


なんだかよく分からないけど、“議会モニター” になりました。

この村の、とある議員さんから “議会モニター” になって欲しいと頼まれて、それがなんなのかよく分からないまま「いいですよ」と簡単に引き受けてしまいました。

その議員さんには、なにか思うことがあって私に依頼してくれたと思うんですよ。
なので、よく分からないけどお引き受けしました。

資料が送られてきたので、鹿のサイコロステーキを食べながら読んでいます。

IMG_9158-2.jpg


ふ〜む

どうやら、“議会モニター”というのは議会を傍聴して、感じたこと(意見や要望)を述べる人のようですね。それが村政への提言に反映されることもあるようです。

いいですね☆

移住者対策に自分は問題意識を持っているので、その辺が議題に挙がった時に重点的に意見を述べていこうと思います。

移住者にとっては、現状、この村は居心地の良くない場面が多々あります。
この村だけではないですね、多くの田舎がそうかもしれません。

一言で、“閉鎖的” なんですよ。

私は移住してきて17年目で、移住当時(22歳)から地域付き合いをしてきましたので、この村で生まれ育った同年代よりも、地域のこと、村のことをよく知っています。
移住当時は、歳のかけ離れた人たちの中でビクビクしながら地域付き合いをしていました。
でも、もう誰も怖くありません。

移住者だから気が付く問題点があります。
これからの時代、移住者が住みよい政策が必ず必要になってきます。

●これから都市部から地方への移住の波が加速します。
●田舎暮らしを目指す人が増えてきます。
●東京の一極集中時代は、おそらく終わります。
●お金を稼ぐことよりも個人の幸福を尊重する時代になります。
●ネクタイを締めて満員電車にギューギューに押し込められて出社しなくても仕事はできます。
●モノ作りの会社や医療介護系とか、どうしても出勤が必要になる会社や組織はありますが、リモートワークで済んじゃう業種もたくさんあります。
●日中よりも夜中に頭が冴えるタイプの人もいます。
●時間を拘束して無駄に働かせるスタイルから、成果主義に移行します。
●そうすると合理的な考え方をする人が増えます。
●働く時間を減らしても結果を残せる人が増えます。
●会社が労働時間をコントロールするのではなく、自分で労働時間をコントロールするので、現代の共働き世帯の子育て問題とかも解消されてきます。
●都会のコンクリートジャングルよりも田舎の方が子供にとっては良い環境と考える親は多くなります。

働くために生きているんじゃなくて、生きるための手段として働いているんです。

今回のコロナ問題で気付かされた方は多いと思います。

これからの時代は、東京ではなく地方の時代です。

田舎は閉鎖的なままでどうするんですか。
移住者の視点を持った者が村政に携わることが、これからどうしても必要になってきます。

移住者としてバシバシ言っていきますよ。
誰も怖くないので☆


posted by mibu at 22:16| Comment(2) | 日記