2019年12月20日

背水の陣


IMG_8078.JPG

これまでの人生で借金をした経験が一度もありません。
車などの高価な買い物をした時もローンを組んだことがありません。

お金を追いかけること、お金に追われることを嫌う生き方をしてきました。
なので借金をする必要はないし、しようなんて考えたこともありませんでした。

地元の金融機関、飯田信用金庫へ行ってきました。
融資(借金)をお願いしに行ってきました。

4年前から構想をスタートしたジビエ事業。
前回のブログで公言しました。

3度目の正直です!
やります!

本当にやりますよ。

私が現在持っている現金預金は400万円です。
毎月の水道光熱費や通信費、突発的な冠婚葬祭費、車の維持費、熊五郎に何かあった場合の動物病院代等の支払いを考えると、最低でも50万円は口座に残しておく必要があります。
なので使える資金は、350万円です。

予算350万円に対しての見積もりが揃いました。

【ユニットハウス&設置工事】
●ユニットハウス:1,526,300円
●室内の防水塗装:431,014円
●給排水工事:307,600円
●土間設置工事:136,600円
●諸経費:359,486円
●消費税:276,100円

【排水追加工事】
●グリストラップ:100,000円
※解体時にシカの体表に付着している砂や落ち葉などのゴミが排水口へ流れ込むため、それらを受け止める阻集器を設置

【電気工事】
●引き込み工事他:200,000円

【冷蔵設備】
●コールドテーブル:280,500円
※コールドテーブルとは、ステンレス調理台の下が冷蔵庫になっているもの

【一次処理室用のシンク】
●中古の三槽シンク:33,000円

【二次処理室用のシンク】
●新品の三槽シンク:45,964円

【商品化機器】
●真空包装機:129,800円

【事業管理機器】
●デスクトップパソコン:180,000円
※2020年1月14日にwindows7のサポートが終了するため買い替え
※これは本当に余分な出費・・・

合計 : 4,006,364円


はい、予算オーバー・・・

予算350万円に対して、50万円のオーバー・・・

足りない50万円をどう工面するかです。

方法@:クラウドファンディングで投資を募る
方法A:融資を受ける(借金する)

予算が足りなくなった場合のことを事前に想定していたのですが、当初は方法@を選択するつもりでした。
融資ではなく投資ですので、借金というリスクを背負わなくてよいのが最大の魅力。
また、現在、鹿肉を扱っている飲食店もしくはこれから扱おうと思っている飲食店経営者様からの投資であれば、継続した取引先(お客様)になっていただける可能性もある。
ただ、方法@を選択した場合に引っ掛かるのが、ものを売った訳でもサービスを提供した訳でもないのに、人様からお金をいただくというのが自分の性格に合わない。
※面倒くさい性格ですみません

方法Aですが、借金をすることが単純に怖い。お金に追われてお金を追いかける状況に陥った場合、自分の生き方がブレる可能性がある。
その代わり利益を出さなければ返済できないので、きっちり事業計画を立てて、より真剣に事業に取り組める。
また、リスクを背負ってでも自力でなんとかしようとする姿勢が潔く、自分の性格に合っている。
※面倒くさい性格ですみません

方法Aを選択しました。


“背水の陣(はいすいのじん)”

潔くて好きな言葉です。
ネットで意味を検索すると、トップの検索結果に次のような解説が出てきます。

“川や海などを背にした陣立て。あとに引けぬ所で決戦する構え。転じて、もし失敗すれば滅びる覚悟で事に当たること”

今の私の心境は、まさに“背水の陣”です。

恐怖よりもはるかにチャレンジ精神の方が勝っています。

わくわくしています。


posted by mibu at 17:27| Comment(2) | 日記