2019年11月23日

三度目の正直


鹿皮なめし
本当に綺麗な毛皮です。

IMG_7999-2.jpg


私が狩猟免許を取得して猟師の世界に入ったのは4年前(平成27年)です。

猟師というと、野生動物を殺生することが好きな人達、という良くないイメージを安易に抱かれがちですが、猟師になる理由は人それぞれなんですよ。
私の場合は、生き物の殺生が好きということはありません。
むしろ逆です。
動物が好きで、子供の頃はウサギやリス、ハムスターを飼い、将来は獣医になりたいって思っていたくらいです。
シカに銃口を向けるときは、今でも申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

じゃあ何故、生き物を生かす仕事とは真逆のことを今やっているのか?

理由は、狩猟免許を取得した当時のブログにも綴りましたが、害獣駆除された野生動物を有効活用したかったからです。
農林業被害を及ぼすシカやイノシシは害獣駆除の対象として捕殺され、多くの場合、廃棄処分されます。
穴を掘って埋めてしまいます。
それをなんとかしたかったんですよね。

“やむなく奪った命、食べてこそ供養”
食料として有効活用することが、駆除された野生動物を “生かす” ことだと私は思っています。

実際に、狩猟を始めた4年前から、害獣駆除の対象として捕獲されたシカを周囲の猟師から引き取って来て、食料として有効活用する取り組みを続けています。
ただ、これはあくまで個人的な有効活用にすぎないので、引き取れるシカの頭数はほんのごく少数です。
多くのシカは相変わらず、捕殺後に廃棄処分という運命を辿っています。
もっと多くの頭数を有効活用するためには食用肉として市場に流通させるしかありません。

でも、これって勝手に出来ないんですよ。
食品衛生法で定められている “食肉処理業(&食肉販売業)” の許可を取得しなければなりません。
許可なしで市場流通させると、もちろん違法です。
許可の取得なんですが、これがすごくお金が掛かるんですよ。
専用の建物(食肉解体処理施設)の設置が必須だからです。
私にお金があれば建てるのは簡単なのですが、お金が無いんです。

現在、許可を得て営業しているジビエの食肉解体処理施設、個人で建てた施設は本当に少ないです。
ほとんど行政(市町村)が建てています。

私の心の中にも行政を頼る気持ちがあって、行政(村)に建ててもらおうと、これまで役場の担当課と話をしてきました。
管理運営の仕組みがきっちり整えば、前向きに考えてくれるという、すごく良い流れではあったのですが、この話は自ら白紙撤回しました。

お金が無いから村に建ててもらおうとしている姿勢が、なんか自分らしくなくてモヤモヤしていました。
なので決めました。

先日、役場に行って、担当課の方に伝えてきました。

「ジビエの解体施設の件なんですが・・・・」

「すみません、やっぱり自力でやります」

「え? ・・・・」

「出来るんですか?」

「なんとかします」


昨日、最新の図面を持って保健所に行ってきました。
食肉処理業の許可申請・審査の窓口になるのが保健所です。

IMG_7961.JPG

ジビエの解体処理施設の構想をスタートしたのが4年前、それ以降、何度、図面を持って保健所に通ったことか(笑)
なるべくお金を掛けずに解体処理施設を作る方法を、これまで模索してきました。

最初に描いた図面なんて、今見ると笑っちゃいますよ。
お見せする前に事前情報をご説明しておきます。

解体処理施設には部屋が2つあることが必須です。
一次処理室と二次処理室です。
一次処理室というのは、運び込まれたシカの内臓を出したり皮を剥ぐ部屋です。
二次処理室というのは、脱骨、精肉、包装(商品化)をする部屋です。
この2部屋は必須の条件です。
逆に言うと、この2部屋があれば良いということです。

それでは最初に描いた図面をお見せします。
当時、他県で稼働していた先進施設の図面をモデルに描いたと思います。
(作図に関する専門知識や専用ソフトは持っていないので、エクセルで適当に描いています)

4年前(平成27年)に描いた図面。
部屋が3つある・・・

IMG_7968.JPG

ん? 事務室?・・・

IMG_7972.JPG

大き目のテーブルに椅子、ミニキッチン、冷蔵庫まで完備されている・・・

10時と15時にお茶でも飲もうと思っているのかな?・・・

当時の自分に言ってやりたいです・・・

いくら掛かると思ってんだ!!!!!
なめんな!!!!!


ときは過ぎ、その2年後。
平成29年に描いた図面。
これも作図の知識が無く描いた素人図面です。

IMG_7982.JPG

このときは地元の大工さんに見積もりを依頼しました。
当然、この図面を見せてもデタラメで訳が分からないので、実際に現地に来てもらい、図面を片手に言葉で説明しながら理解していただきました。

削れるところは削ったし、これで予算内に収まれば着工するぞ!

見積金額を見て泣きそうになりました。

IMG_7992.JPG

この金額にプラス、冷蔵庫や包装機なんかの必要機器の金額が加わりますからね。

予算オーバー・・・
オーバー過ぎる・・・
一旦、断念して練り直し・・・


そしてときは過ぎ、その2年後。
着目したのが、ユニットハウスのカスタマイズです。

令和元年(現在)の最新図面をお見せします。
まずはユニットハウスメーカーのHPから図面をプリントアウト。

img20191122_20371429.jpg

これに手書きでカスタマイズ、必要設備を加えます。
こんな感じ(画像クリックで拡大)

img20191123_10505948.jpg

実際に運用する際の実用性は保ちつつ、余計なお肉を削って削って削りまくって、もうこれ以上スリムに出来ません状態まできたと思います。

図面を見ている保健所の担当者の反応をドキドキしながら待っていましたが、好感触でした☆
この通りのものを作ればOKというような反応でした。
着工する前に最終図面は必ず見せてください、という話の後、申請書類一式をくれました。
これはいけるでしょ☆

IMG_7965.JPG

問題は、やはり予算です。
保健所の図面確認(概ねOK)が済んだので、来週から順次、ユニットハウスメーカー、給排水工事業者、電気工事業者、機器販売業者への見積もり依頼を進めていきます。

預金残高の中から使える予算は350万円です。
予算350万円、なんとかこの予算内に収まってくれ。

ちなみに金融機関からの融資(借金)は今のところ考えていません。

三度目の正直です。
今回は断念したくない。
現在、自分が置かれている状況を考えても突き進むしかない。

宿の周辺でリニア新幹線工事の影響が徐々に出始め、本格着工する来年以降、どの程度マイナスの影響を被るのか先が見通せません。
程度の差はあれ、体験型民宿にとって不利な状況が訪れるのは確実です。
いざ工事が本格着工した際、お客さん達はどう思うだろうか?
うちに来て良かった、楽しかった、満喫したって思ってもらえるだろうか?
そして自分自身、自信を持ってうちへお客さんを呼べるだろうか?

この先、工事の状況によって休業はするかもしれませんが、民宿を廃業するということは考えていません。
ただ、新しく事業展開をしなければならない状況にあることは間違いありません。

一から、いやゼロから自分で立ち上げた体験型民宿への思い入れが強く、そのためにこの現状が悔しく、また、楽しみを取り上げられた子供のような幼稚な感情もあります。
そんなマイナス感情を引きずって生きていくのは嫌なので、夢中になれる新しいことを探しにいきます。

ジビエ事業☆
許可取得により、次から次へと新しい構想が生まれてくる状況を既に予感しています。

体験型民宿を始めたときのような、バカになって夢中になれること、それを見付けにいきます。



posted by mibu at 16:08| Comment(2) | 日記