2019年06月30日

移住の心得


クワガタがたくさん捕れる季節になりました☆

熊五郎と山の中を散歩しながらクワガタを探しています♪
うちに泊まりに来るお客様から、熊五郎との散歩に同行したいというご要望が多くあるのですが、散歩が終わった後、クレームが入ることがあります(笑)
散歩じゃないじゃ〜ん(笑) 走ってるじゃ〜ん(笑)

そうです、熊五郎と山の中を走り回ることになります(笑)
ただ、クワガタ生息エリアだけは歩きます。
熊五郎を静止しながら目を光らせてクワガタを探しています。

民宿の飼育ケースには今、10匹近くのクワガタがいます。
今年の夏も、うちに泊まりに来る子供たちのアイドルになることでしょう(^o^)
うお〜! すげー! かっけ―!

IMG_7084.JPG


さて、昨夜、ここの地区の青壮年部の飲み会がありました。
私は毎年、宿泊予約が入っていて参加できなかったのですが、今年はちょうど予約が空いており、参加しました。
楽しかったですよ☆
同じ地域で暮らしている同じ年代同志、共通の話題や価値観、問題点なんかを話すことが出来て有意義な時間でした☆

「そういえば、紘彰って、何歳になったの?」
「今年で38歳です。22歳でこっちへ移住してきたので、もう16年目になりますね」
「もうそんなに経つのかー!」

田舎へ移住してからの16年なんて、あっという間でした。
感覚的には、つい3、4年前のような気がしています。

それがもう16年です。

短く感じる理由は、走ったからでしょう。
大学を卒業するまでは、親の経済力の中で、ぬくぬくと育ちました。
私立大学だったので、年間100万円、卒業するまでに400万円出してもらいました。
いずれ、ちゃんと返します。

苦労を知らない、世の中をなめている、その反面、高いレベルの教育を受けて頭でっかちになる。
このままじゃいけない、そう思って、過酷な環境に身を置くことを選択しました。
田舎へ移住しました。

ここから、自分の力で生きる人生がスタートします。

それまでの人生は自分の中では“白紙”です。
ただ生活しているだけで、“自我”というものがありませんでした。

田舎へ移住してから自分の人生の“第一章”がようやく始まりました。

高齢のお爺さんとの二人暮らし、介護、家事は俺がしなくちゃいけない、会社勤めの仕事もある、地域付き合いもやらないといけない、
これまでが温室育ちでしたので、もう、大変でしたよ。
でも食らいつきました。
この道は自分が選んだんだから。

会社勤めをしながら、社会の厳しさ、地域付き合いの厳しさを思い知ったのが30歳までの自分です。

次に第2章に入る訳ですね。

第2章の幕開けは、“起業” です。

もう抑えられませんでした。

なんか、田舎っておかしくない?
田舎はいまだに都会コンプレックスを持っている。
自分が田舎に求めていることと、田舎の地域経済が求めていること、ギャップがあるんです。
田舎が都会に憧れるなんて、もう古いんですよ。
逆です。
都会が田舎に憧れる時代が、もう来ているはずなんです。

それを体現したのが “農家民宿ひがし” です。

起業するときには、周囲からバカにされるって分かっていたので、誰にも相談せず、何も言わず、アドバイスも求めず、ズドーン!!! って、
いきなり始めました☆

周囲が気が付いた頃には、とき、すでに遅し・・・・。
何! 体験型民宿始めたって!!

もう、やっちゃったもんね〜(笑)
やったもん勝ちです☆
後はおのれ次第です。
フッフッフ・・・♪

無謀なチャレンジ精神に満ちていた、あの頃の自分に花束を贈りたいです(笑)
お前、すんげ〜苦労することになるぞ・・・・

起業して8年目、これまで、すごく順調です。
宿泊施設って、一度行ったら終わり、っていうことが多いと思うのですが、うちはリピート率3割です☆
夏に来て楽しかったから、次は春に来たい、秋に来たい、冬に来たい・・・

本当にありがたいです。

そして、

嫌なんですが・・・
嫌なんですが・・・

第3章が始まろうとしています・・・

リニア時代です・・・

リニア新幹線の工事が、いよいよこの地域で始まろうとしています。
間もなく始まります・・・

この地域の自然は壊されるでしょう・・・
民宿の前をダンプが行き交うでしょう・・・

もう、止まりません・・・
第3章がいよいよ始まります。


だけど、嫌だから、魅力がなくなったから、この土地を離れるっていう選択肢は、私には無いんです。
もはや身軽ではありません。
お爺さんからバトンを受けた(相続した)、家、お墓、田んぼ、畑、山があるんです。
嫌でもなんでもここで暮らしていくんです。
出ていくという選択肢はありません。

改修後@.jpg

P8160038.JPG

IMG_2934.JPG

IMG_3477.JPG

プロフィール写真.jpg


話はそれますが、
今、国の政策で、都会から地方へ若者を移住させる政策、“地域おこし協力隊” という制度があります。
この村へも大勢、入っています。
都会から入って来た地域おこし協力隊員には、理想と現実のギャップに悩む隊員が多くいると思います。

私から田舎目線で現実的な指摘をさせてもらいますね。

どうせ、嫌になったらここを出て行くっていう目で見られているんですよ。
だから、冷たいんです。
あてにしていないんです。

悔しかったら、ここの一員になる覚悟を決めることです。

それが伝わった途端、発言権を持てます。
言いたいことが言えるようになります。

それが田舎です。


話はそれましたが、第3章が始まります。

毎日、リニアのことを考えています。
天は、違うことをやりなさいって、自分に告げているのかな?
それとも、歯を食いしばってでも今の民宿を続けなさいって言っているのかな?

分からないので、一生懸命、今を生きることに決めました。

先日、この村の “地域おこし協力隊” と、今後の観光のあり方について対談しました。
約1時間という長い動画ですが、ご視聴の程、宜しくお願い致します。
最後の10分くらいで、リニアに対する不安を語りました。

https://www.youtube.com/watch?v=oridUIe5EmI&t=833s


posted by mibu at 17:02| Comment(2) | 日記

2019年06月19日

男女平等について


唐突ですが、男と女というのは、お互いに魅力的な相手を探して、見付けて、惹かれあう、付き合う、愛し合う、
それは子孫を残すための生き物としての本能だと思っています。

私には何も隠すような恋愛事情はありません(笑)
37歳、これまでにお付き合いした人は数名です。

高校生の時に2名、大学生時代はガリベンで猛勉強していたのでゼロ、社会人になってからは3名。
これまでお付き合いしたのは5名です。
現在、バツ2ですが、
結婚した相手は、社会人になってからお付き合いした方の3名のうちの2名です。

私は現代の世間一般から見るとおかしいんでしょうね。
お付き合いする相手とはすぐに結婚を考えてしまう。

中学生の頃からずっと考えているテーマがあります。
“男女平等”ってなんだろう?

田舎へ移住してから消防団に入団しました。
消防団員時代、キャバクラには行ったことはありますが、いわゆる性風俗のお店には、私は頑として行きませんでした。
本当ですよ(笑)
誘われても、行きたくないから行きませんでした。
人の体を金で買うなんて行為、嫌なもんは嫌なんです。

中学生の頃からずっと考えているテーマがあります。
“男女平等”ってなんだろう?

まず、前提条件として、“女”と“男”は体と脳の構造は違います。
女性が得意とする動き、男性が得意とする動き、
これは差別ではなく、区別だと思っています。

男はとにかく働く、

女は子育てをする、

これって現代ではダメなんですかね。
私の考えは古いですかね。

お父さんが子育てに加わる、お母さんがパートに行く、
男女の生まれ持った原理原則を理解した上での役割分担なら大賛成です。

でも、それをわきまえていない夫婦が多いような気がします。
バツ2の私が言っても説得力ないかもしれません(笑)

たくさんの批判を受けることを覚悟して書きます。

“日本の男性、自立していますか?”

“日本の女性、わがままになっていませんか?”

独身の俺が好き勝手に吠えています(笑)

ごめんなさい。

IMG_6516.JPG

は〜い、熊ちゃん♡

なに♡ その垂れ耳♡

可愛すぎるから噛んじゃうよ♡

ガブ♡

あー分かった、だから反撃されるんだな。

posted by mibu at 23:24| Comment(2) | 日記

2019年06月09日

親になる


去年の9月に保健所から熊五郎を引き取ってきて、こいつの親になるって決めました。

IMG_6518.JPG

普段は人懐っこくて、甘えん坊で、散歩が大好きなんですが、どこかに凶暴になるスイッチがある。

これまでに2度噛まれました。

軽蔑されるかもしれませんが、最初に熊五郎に噛まれた時、私は熊五郎を怒鳴りつけて叩いてしまいました。
お客さんに噛み付いたらどうしよう。
どうにか強制しないと。

そう思ってやってしまいました。

最初に熊五郎に噛みつかれた時の様子なんですが、理由が全く分からないんです。
熊五郎をいつも通り撫でてかまっているときでした。
ぐるぅぅぅー!!!!
って、突然、噛み付かれました。

そして、私は叩いてしまいました。


あれはなんだったのかな?
って思うくらい、その後は従順で仲良くて、人懐っこい熊五郎でした。

そして、今回、また噛まれました。

前回と同じようにリラックス状態で体を撫でているときです。

ぐあっ!!!!

って、突然噛まれました。

前回よりも深く噛まれました。

IMG_6877.JPG

一箇所、腕に小さな穴が開きました(笑)



今回は叩きませんでした。
何か理由があるんだろうな?

なんで熊五郎が突然噛み付くのか、何か理由があるんだろうな。

それに向き合っていかなきゃな。

背中を撫でると、ビクンって震える時があって、以前の飼い主に対する恐怖心とかがあるのかな?って思います。

噛まれた俺が落ち込みたいくらいなんですが、噛み付いた熊五郎が落ち込んでいるんですよね(笑)
今朝なんか、小屋から出てこない、エサを食べない、散歩に行きたがらない。目を合わさない。
やってはいけないことをやってしまったって、熊五郎も分かっているんです。

もういいから、散歩行こ☆
小屋から引っ張り出して散歩行ってきました♪

やっぱり優しい子なんですよね。

お客さんとの接触は、しばらく様子を見たいと思います。
posted by mibu at 00:03| Comment(6) | 日記