2019年05月16日

大事な事


今年もいよいよ始まりました。
毎年、この時期恒例、都会の中学生たちのホームステイです☆
今年は10校の生徒達を、5月6月を中心に、うちで預かります。

都会育ちの子達ですから、畑の中や山の中、川を歩くなんてこと、日常生活の中では、まずないはずです。
でも、“都会”の歴史なんて、世界中の都市どこでも近代の歴史だと私は思っています。

都会で育っても、自然に生かされ、それを敬ってきた人類の血が濃く残っているはずです。
体が反応するはず。大人になるとそれは薄れてくるけど。
中学生って、はっきり言ってまだ子供です。この先、どんな大人を目指すのかは本人たちの自由だけど、まだ、自然を欲している本能があることを私は知っているので、真剣に向き合って、伝えたいことを言葉ではなく行動で伝えます。

ついてきて...


うちでのホームステイの一例を、昨日今日、滞在した学生たちを取り上げてご紹介します。
昨今、SNSでの個人情報問題がありますので、本人が特定できない写真のみ掲載します。
どの写真を使うかは、本人たちにも見せて了解済みです。

●うちへ到着後、自己紹介などしたあと、早速、農作業をします。
時期によって、もちろん作業内容は異なりますが、今回は、キュウリとトマトを植え付けるための棚を作る作業を一緒にやりました。
まず、うちの竹藪へ行って、細い竹を伐ってきます。
それを畑で組み、麻ひもで縛っていきます。

上手くできました☆

IMG_6529.JPG


●夜は絶対にこれ! 定番☆
囲炉裏で焼肉☆
しっかり働いたので、すごい食欲でした(笑)

DCIM0007-2.jpg


●翌朝は、熊五郎の散歩&タケノコ掘り
熊五郎と山を歩きながら、昨日の竹藪とは違う竹林へ行き、タケノコ掘りをしました。
うちの竹林は傾斜がきついので、つまづいたり転んだり、大変だったと思います。
私もこっちへ移住した当初、山を歩くための筋肉が発達していなかったし、その使い方が分からなかったので、しょっちゅう、転んでいました(笑)
でも、男って幼くてもプライドが高いので、彼らがつまづいたり転んだりしても、私は何も言いません。
知らん顔です。
気遣われると逆に傷付くのでね(笑)

IMG_6513.JPG

IMG_6522.JPG


●秘境の地へ
熊五郎散歩&タケノコ掘りの次は、近所の滝です。
足を濡らしながら、岩をよじ登りながら、翌日に確実に筋肉痛になるであろう体力を使いながら、秘境の滝を目指します。
ギャーギャー言いながら、諦めたくない、仲間に負けたくない本能に火が付きます。

IMG_6461.JPG

IMG_6464.JPG


●クールダウン
野生の本能に火が付いてしまったので、集合場所へお返しするまでにクールダウンします(笑)
“てっぺん公園”です。
中央アルプスが一望できる展望台へ連れて行きます。
展望台に設置してある“魔法のほうき”に乗って、空を飛んでクールダウン☆

IMG_6474.JPG

IMG_6509.JPG


内容はもちろん変わりますが、毎年毎年、同じような経験を、ホームステイの中学生たちに案内しています。
私にとっては、数ある仕事の “同じ一つ” ですが、うちに来た学生にとっては “初めての大事な一回” なんです。

それを忘れず
彼らの目線に立って、これからも。


posted by mibu at 18:51| Comment(4) | 日記