2019年04月08日

ありきたりの日常


この時期、自分なりのありきたりな、スローな日常を謳歌しております。
(注)以下、私の日常生活を具体的にご紹介しますが、先に言い訳しておきます、こんなお気楽な生活は繁忙期前のこの時期だけですからね(笑)


では、以下、日常

朝9時に起きて、納豆ご飯を食べて、茶を飲んで歯を磨いて、家の周りの山の中を熊五郎と散歩し、散歩から帰ると、さ〜て、これからどうしよっかな〜? と考え、とりあえず畑に行って土でもいじってみる。
そうこうしていると携帯が鳴り、「〇月〇日、宿泊したいんですが、空いていますか?」という本当にありがたいお問い合わせが入り、受け答えをして、土いじりに戻ると、
「シカが罠に掛かったから、引き取りに来いや」なんて連絡が入ったりする。
支度して現場に行って、鹿を殺めて(あやめて)帰ってきて、自宅の裏で解体作業を始める。
すると、鹿の臭いに気付いて、熊五郎が鳴き出す。
普段、絶対に人には吠えないが、動物相手には吠える。
鹿に対しては特に。
見えないけど、臭いに気付いて吠えてくる。
解体しながら、商品には出来ない部分を熊五郎にあげる。

「は〜い♡ 熊ちゃん♡ わかったわかった♡
あげるよ〜ん♡ うん? 美味しい?
そうか〜、美味しいの〜♡」
なんて言いながらね。

ちなにみ、これ、マジです。

IMG_6038.JPG

IMG_6041.JPG



ま〜、そんなことはどうでもいいんですがね、
動物を殺める(あやめる)って、精神的に結構きついんですよ。
私は本来、気が小さいので本当はこういうこと向いていないんです。

じゃあ、なんでやるの?
って当然思いますよね。

そこなんですよね、俺の面倒くさい性格は。

“卑怯”っていう言葉や行為がすごく嫌いなんですよ。

動物の肉って、みんな当たり前に食べてますよね?
私も食べています。
どうしてそれを食べることが出来るのか?
動物を殺めて(あやめて)、解体して、精肉して、商品化して、販売する人がいるからですよ。

お肉って、
一般的な感覚だと、スーパーで売っている商品ですよね。

その前の、前の、前の、前の段階を知らないと、“卑怯”だと自分は思ってしまうんです。
これは、あくまで、自分がそう思っているだけで、人に考えを強制しようとか、無理に広めようと思ってはいません。
ただ、ブログでもフェイスブックでも、自分の考えを発信したいから利用していて、その根底には、共感して欲しいっていう願望があるのも事実です。
でも、強く訴えたり、人に強制するのは違うなと思っています。
あくまで自分のやり方で、これからも発信していきたいと思います。

これが自分のスタイルです☆

カッコつけていますがね、ただの頑固者かもしれません(笑)
いや、確実に頑固者です。
融通の利かない面倒な頑固者です。

妻と離婚しました。

これで人生2度目の離婚になる訳です。
信じてはもらえないかもしれませんが、後悔や、やましさ、恨み辛み、一切ないです。
これはお互いにです。
良かったんです。元妻と同じ家の中で同じ時間を過ごしたこと。
元妻の内面のすごく良いことを私は知っています。そこを私は見ていました。
あなたはすごく良い人間なんだから。

私は、今後も元妻の幸せを祈り続けます。
元妻も、同じことを私に言ってくれました。

後悔、やましさ、恨み辛みはありませんが、自分がもっと柔軟な性格で優しく接してあげられていたらな、という申し訳ない気持ちはどうしても残ります。


東京のお婆ちゃんは、どう思うかな?
結婚した時、あれだけ喜んでくれたのに、どう思うかな?
もう90を超えた年齢なんです。
電話して報告しました。

俺「こういうことになりました、すみません」

婆ちゃん「私はまだ生きていなきゃいけないね」

俺「3度目の正直で、俺、また結婚するかもよ」

婆ちゃん「あなたは良いわね〜、普通は一回しか結婚できないのに、何回も経験できて(笑)」

俺「良いでしょ(笑)」


すげ〜な〜って、思いました。
古い人間だから、本当は厳しい考えなはずなのに。
こういうことが言えるって、ずげ〜って、思いました。

ふ〜・・・

ふ〜、なんて、へこんでいる暇なんてないんですよね。


ありきたりの日常を頑張らないと☆





posted by mibu at 21:17| Comment(6) | 日記