2019年01月08日

鹿ジャーキー


皆様、明けましておめでとうございます☆

ド〜ン!!!!
鹿肉ジャーキーです!!!!

IMG_5684.JPG

いきなりテンション高くてすみません。

2ヶ月ぶりのブログ更新です。

正月は地域付き合いやら、普段できない贅沢やらで暴飲暴食、胃が疲れております。
正月が明けて、徐々に体を本調子に戻しているところです。

今年もまた色々な構想がありますので、新しいことにチャレンジする一年になりそうです。
何事もチャレンジすると壁が立ちはだかりますが、それをいかに乗り越えるかという作業に面白みを感じます。

新年早々、早速取り組んでいるのが、ペットフード業界への参入です。
具体的に言いますと、捕獲した鹿肉を使ったペットフードの製造販売を企てています。

自分で捕獲、処理した鹿肉の品質には自信を持っています。
こんなに美味しい鹿肉、今まではペット用ではなく、人が食べる用の鹿肉の販売を目指してきました。

ただ、これまでのブログでも書いてきたように、鹿肉を販売するためには保健所の許可が必要になります。
保健所の許可を得るためには解体処理場の設置が必要になります。

2年前、許可に必要な構造、設備等を保健所で確認して、それらを満たした必要最小限のコンパクトな解体処理場を設計しました。
設置場所は自宅の庭です。

地元の大工さんに見積もりを依頼したところ、見積金額が約600万円と出ました。
その他、大型冷蔵冷凍庫や包装機、シンク、作業台等、必要なものを中古で購入したとしても、追加で100万円程必要になります。
トータル700万円は必要になる訳です。

自己資金では足りず、2年間、資金繰りをどうするかで悩み、前に進まずもどかしい気持ちでいました。
突破口が欲しい。どうにかしたい。

活用されずに廃棄されていく鹿を見ているしかない。
どうにかしたい。

頭を切り替えて、ペットフードでの活用を模索します。

実はペットフードの製造販売であれば、すぐに出来ます。
許可制ではなくて届出制だからです。

どこかの行政機関から許可をもらう必要はありません。

“ペットフードを作って売りますよ”
ということを届け出ればいいだけです。

届出先は、各都道府県にある地方農政局です。
ここの地域の管轄は、関東農政局 長野支局です。

ペットフードとしての鹿肉利用、前々から少し考えていたため、実は3年前に届け出を済ませてあります。
その届け出がこれです。

P2070076.JPG

P2070074.JPG

業者名

ワイルドミートひがし・・・

・・・

3年前の自分に問いたい

何故こんなダサい名前にした

・・・

ま・・・、まぁ、大丈夫です。
名称変更可能です。変更届を出せば良いだけですから☆

早速、今日から商品化に向けた試作に入っています。

ありきたりですが、“ジャーキー”です☆

年末にアマゾンで購入しておいた食品乾燥機、いよいよ初稼働です♪

IMG_5627.JPG

人が食べる訳ではないですから、味付けなどは一切しない、完全無添加の鹿肉ジャーキーです。

IMG_5637.JPG

ちゃんと出来るかな〜?
どうかな〜?

わくわく♪

IMG_5644.JPG

出来てるー!!!

犬のおやつ、“鹿肉ジャーキー”の試作第一号です☆

試食担当は誰でしょう?

もちろんあの男です☆

わが民宿のアイドル

く・ま・ご・ろ・−

熊五郎です!!!

「くまちゃ〜ん♡ できたよ〜♡ 鹿肉ジャーキーできたよ〜ん♡」

速攻で無くなりました。
その模様はこちら。

IMG_5650.JPG

IMG_5681.JPG

IMG_5690.JPG

IMG_5697.JPG

IMG_5698.JPG

IMG_5699.JPG

IMG_5701.JPG

IMG_5707.JPG

IMG_5711.JPG

熊五郎が試食役って、どの程度参考になるか分かりませんが(笑)、くっちゃくっちゃ嬉しそうに噛んでいるうちに無くなりました(笑)

お客さんが熊五郎タイプなら問題なさそうです。
ただ、屋内の小型犬とかでは反応がどうか、まだ分かりません。

更なる試作やパッケージデザイン、販売サイトの立ち上げ等、販売実現に向けて、まだまだやることはたくさんありそうです。

楽しみでワクワクしております♪

やっちゃるぜい!!!!




posted by mibu at 18:26| Comment(0) | 日記