2018年07月29日

経営者


いや〜暑いですね

こんにちは☆

長野県へ上陸することが心配されていた台風ですが、

進路が西に逸れ、ここ長野県南部では特別大きな被害を

受けたというような話は聞きませんでした。


台風が通り過ぎた後っていうのは本当に暑いですね。


さて、今日はなんとなく思いついてしまった

退屈な話をします。


“経営” についてです。

大企業の社長にしろ、個人事業主にしろ

同じ “経営者” です。

社会という荒波の中で、どこへ進んだら良いのか

進路を決める “船長” です。


私の民宿は例えるならレトロな小型ボート(笑)

ですから、

進路を決めるのも、かじを切るのも、

漕ぐのも、自分で行っています。


自分でなんでもやらなきゃいけないというのは、

世の中の個人事業主さんだいたいそうですよね。


民宿経営は、産業分類でいうと “宿泊業” に

分類されますが、

宿泊客への食事の提供や日帰り宴会なんかも受けて

いますので、

宿泊施設であると同時に飲食店でもあります。


ちなみに私は料理に関して、ちゃんと学んできたとか、

どこかで修行してきたということはありません。

前職は、数字を扱う経理マンでした。

料理に関しては独学です。


話を戻しますが、

飲食店を経営していくうえで重要となってくるのが、

提供する料理の “原価率” です。

ここでいう原価とは食材などの材料費のことです。


例えば オムライス屋さんに行って、注文した

明太子オムライスが1,000円だったとしましょう。

※私の好物がオムライスな訳ではありません
先日、猟師の先輩と食べに行ったものですから(笑)


この1,000円の明太子オムライスを作るのに

かかった材料費が売値1,000円に占める割合、

これが “原価率” です。


飲食店で一般的に多く設定されている原価率は

“30%” と言われています。


1,000円のオムライスの原価率が 30% ということは

材料費が300円です。

差額700円の中から利益(儲け)を出します。


当たり前のことですが、利益を確保するためには

この原価率ってすごく重要です。

原価率を無視して感覚で商売をしてしまうと

気が付いたら赤字に・・・

なんてこともあります。


商品価格を決めるうえで原価率って重要なんです。

オムライスの新メニューをお店で出そうと思った時に

卵やらお米やらタマネギやらバターやら、

材料を積み上げていったら、一食分作るのに

300円かかった。

このオムライスを原価率30%で売りたいから、

価格は 1,000円になるな。


こういう価格の決め方を

“原価積み上げ方式” といいます。

広く一般的に浸透している価格の決め方だと思います。



ただ、私の価格設定の手順は逆なんです・・・


先に価格を決めています。


他の経営者の方から見たら、私は本当に商売に対して

考えが甘いかもしれませんが、

自分の感覚で、

これだけのものをこの価格で食べれたら嬉しいな・・・


そうやって決めています・・・・

・・・

え? ・・・ プププ(笑)

そんなんでうまくいくのかよ


そう思ったそこのあなた!


私にも・・・

・・・

・・・


分かりません(笑)



うちは通常の夕食料理を2,500円、

グレードアップの宴会コース料理を3,500円で

提供しています。

※ホームページの中では料理の料金は出していませんが
宿泊料の中に含まれています

IMG_3156.JPG



うちは原価率30%ではなく、自分で決めた原価率を

設定していますが、

その原価率の範囲で材料費が収まるようにメニューを

組み立てています。

※自分で作った米や野菜、狩猟肉なども金額換算して
ちゃんと原価に含めています



そして、うちの原価率なんですがね〜・・・

・・・

・・・


原価率50%なんです。

・・・

・・・


普通は自分のお店の原価率を人には教えないと

思いますが、

私は別に誰に知られてもいいので言ってしまいますが、


原価率50%でやっています。

・・・

・・・

えっ?


そうです、一般的な原価率30%をはるかにオーバー

しております。


1,000円の料理を提供するのに、材料費が500円

かかっているということです。


・・・

え? ・・・ プププ(笑)

全然儲からないじゃん


そう思ったそこのあなた!


私も・・・

・・・

・・・


そう思います(笑)




価格の決め方も原価率も一般的な方法とは違って

います。


ただですね〜、

この民宿を始めてから6年が経ちましたが、

金融機関から借り入れをすることもなく、自力で

ちゃんと存続していますよ。


儲かってはいませんが、赤字でもありません。



うちに来てくれたお客様に喜んでもらいたい、

そういう気持ちと、

赤字にならないラインだけは絶対に守る。

両方の気持ちに折り合いをつけたのが

“原価率50%” です。


それとですね〜、

誤解を恐れずに言いますと、

この民宿は、自分にとって経営のスキルを身に付け

させてくれるものでもあるんです。


いずれ大きなお金を動かして大きな事業をしたいと

思っていますから、

経営感覚を身に付けさせてもらう場所なんです。


誤解しないで下さいね。

民宿を辞めようとか軽く考えているということでは

ありません。


自分に生きがいを与えてくれて、

多くの人との出会いも生み出してくれるもの

それがこの民宿です。


これからも必死でやっていきます☆




posted by mibu at 14:04| Comment(4) | 日記