2018年05月14日

60年前と変わらぬ光景


結婚も葬式も自宅で・・・

一昔前の日本では、どこでも当たり前のように自宅で

冠婚葬祭の行事を行っていましたね。

時代の移り変わりとともに、それを専門に請け負う

冠婚葬祭業が充実してきました。


今では、結婚式は結婚式場、葬式は葬儀場で行うのが

当たり前となっています。


私も、2年前に他界したお爺さんの葬式は葬儀場で

やりましたし、去年の結婚式は結婚式場で行いました。


古き良き日本の風習や伝統を大事にする私としては、

実は、ある画策があったのです。


冠婚葬祭の行事を

自宅(民宿)でやりたい・・・・


なので、やっちゃいました・・・・



去年、結婚したのですが、身内だけのこじんまりとした

式を結婚式場で挙げました。


ただ、田舎で暮らしている方には、この感覚が分かると

思いますが、“隣組(となりぐみ)”との義理は絶対に

欠かしてはいけません。

田舎で暮らす上での絶対条件といっても過言では

ありません。


都会で暮らす、特に若い方は、隣組が何なのか

知らない方が多いと思いますが、

隣組というのは、近所数軒で構成している相互扶助の

自治組織です。


簡単に言うと “ご近所付き合い” のことですが、

田舎であればある程、その程度が濃密であると

お考えください。


私が住んでいる地域は、濃密なお付き合いをしている

地域です。



葬式にも結婚式にも当然のように出席してもらいます。

呼ばないという選択肢はありません。


呼ばないと “不義理” をしたことになります。

一度や二度の不義理は、まぁ、セーフかもしれませんが、

あまり不義理を繰り返していると、

その先には、“村八分” という最悪の状況が

待っています (*_*)

相手にされなくなります。


去年の結婚式は、私と妻の意向で、大袈裟な大きな

式にはしたくなかったので、親兄弟、叔父叔母、

祖父母だけの質素な式を結婚式場で挙げました。


ということは・・・


日を改めて、

隣組のみなさんをご招待する披露宴を開かなければ

なりません。


それを昨日やりました。

自宅(民宿)で・・・

IMG_2642.JPG



前日に、部屋を仕切っている襖(ふすま)を取り払って、

60畳の大広間にしました。

IMG_2601.JPG

IMG_2617.JPG



私のひいお爺さんが写っている昔の写真を

ご覧ください。

おそらく金婚式のお祝いだと思うのですが、

昭和30年頃の写真です。

img120.jpg


約60年前に撮られた写真と、

全く同じ場所で、全く同じ光景を再現しましたよ☆


いやぁ〜☆  楽しかった♪♪


ベロンベロンになるまで飲んでもらったし、

私もベロンベロンになるまで飲んで飲んで

飲みまくりました☆

IMG_2658.JPG



60畳の大広間ですからね、

こんな事まで出来ちゃう。

隣組の皆さんが私たち夫婦のお祝いのために

“花笠音頭” を踊ってくれました♪

IMG_2655.JPG



去年、結婚してから、隣組のみなさんに正式な報告も

出来ないまま、落ち着かない気持ちでいたのですが、

これで、ようやく


ほっとしました。


良かった☆ 楽しかった♪



妻いわく、宴が終わって、全員見送ったあと、

私はパタンと倒れて、深い眠りについたそうです(笑)




posted by mibu at 21:57| Comment(4) | 日記