2018年01月13日

はじめまして


田舎の暮らしを魅力的で夢が溢れていると感じるか、

不便で雇用もないし将来性がないと感じるか。


このフレーズは、農家民宿ひがしのオーナー壬生紘彰が、以前ブログで書き記していたものです。
はじめまして。壬生佑奈と申します。
昨年末、農家民宿ひがしに嫁いで参りました。そして今日、初めてブログを綴らせて頂きます。

私は、農家民宿ひがしがある豊丘村のお隣のお隣、中川村という小さな村で生まれ育ちました。大学時代は地元を離れましたが、都会生まれのオーナーとは異なり、根っからの田舎育ちです。
趣味は、植物のお世話と写真を撮ること。
好きな食べ物は、甘いものとパン。

オーナーとは、鹿肉を通じて出会いました。

これは、まだお付き合いする前に、オーナーから頂戴した鹿肉で作ったルーロー飯です。

26853073_2053227641555535_1922213584_o-2.jpg

お付き合いする前から、私はこのブログを読んでいましたが、正直、オーナーに対しては「嫉妬心」を抱いておりました。出会った頃も、その「嫉妬心」はくすぶっておりました。
なぜなら、オーナーは自分とは何もかもが正反対。自分の中に信念があり、夢や野望があり、好きなことがあり、自己主張をし、間違っていると思うことには声をあげ、当然ながら畑の虫たちもお友達。私は、持病に苦悩するばかりで、夢を抱くこともせず、毎日毎日を何とかやり過ごすのに精一杯。好きなこともやりたいこともなく、過ごしていました。そして、虫が大嫌いです。

けれど、人生とは本当に不思議なものです。
オーナー、壬生紘彰と出会いました。

オーナーは最初から、自分の気持ちに正直で、出会ってすぐ、プロポーズをしてくれました。私はそんな展開に驚き、オーナーの想いを最初は疑い、まるで自身のことではないような感覚で数日を過ごしました。
お付き合いを始めてから、私も民宿のお手伝いを少しだけさせて頂くようになりました。

最初は、お客様と面と向かわせていただく際に、とても緊張しました。今も緊張します。

実は、社会人になって最初に就職したのが、とある会員制リゾートホテルでした。担当はレストランのフロアです。しかし、一年も経たないうちに、病院で入院か自宅療養を言い渡されました。就業中の過呼吸や嘔吐、断片的な記憶の欠如に、悩まされていました。
大好きな仕事でした。
お客様からかけて頂いたお言葉、後日郵送して頂いたお手紙が、宝物でした。
悔しかったです。心底情けなかったです。

それ以来、接客業というものに対して、恐怖に近い感情と、自分には向いていないのだという苦手意識が、消えません。

でも、農家民宿ひがしに、私は迎えて頂きました。そして、もう一度、お客様の前に立つ機会を、頂いています。

そして、改めて感じます。
おもてなしをさせて頂く側の私たちですが、いつもいつも、笑顔にさせて頂き、ハッピーをプレゼントして頂いているのは私たちの側なのだと。

「目の前のお客様を幸せにしたい」
社会人一年目の、私の目標でした。
今は、そのような大それたことは思えません。

ただただ、有難いことだなあと思います。
お客様が目の前にいて下さるからこそ、笑顔になれる。声を出せる。話せる。人と接することが出来る。
長い間、他人との接触を避け、家族とさえも距離を置き、自分のことでいっぱいいっぱいになっていた自分が今、初めてお会いする方々と、触れ合うことが出来る。こんな有難いことはありません。

これからの将来に夢と野望を持って、一日一日をわくわくと、楽しんで、アグレッシブに過ごしているオーナー。そんなオーナーとはやはり異なり、私はまだまだ、日々不安や心配ばかりに襲われています。明日のことも怖くなってばかりです。
でも、今を過ごしています。
過去の苦しさの中でも、将来の不安の中でもなく、この田舎の山の中で、障子からこぼれるあたたかい日差しを感じながら、このブログを綴らせて頂いております。

田舎の暮らしを魅力的で夢が溢れていると感じるか、

不便で雇用もないし将来性がないと感じるか。

私は、田舎に夢が溢れているとも、将来性がないとも、今は申せません。
けれど、今感じることは、何もないようなこの田舎の山の中で、たしかに自分が救われているということです。
どこにいるかは、あまり問題ではないのかもしれません。
当然のことですが、改めて、「一瞬一瞬をどのような心持ちで過ごすのか。どう生きるのか。」が大事なのだと感じます。不安や心配にかられそうになったら、そのように、自分にも言い聞かせています。

明日のことはわからない。
わからないから、無意味な不安は抱かないようにしよう。
過去を現在に反映してしまうからこそ、いろんな恐怖や不安が湧いてくるけれど、それに負けないようにしよう。

目の前の人に優しさを。
大事な人に小さくとも幸せを。

そして自分自身を、ほんの少しでもハッピーに。

明日のことはわからない。
一年後のこともわからない。
それならば。


壬生佑奈


posted by mibu at 13:45| Comment(4) | 日記