2017年09月29日

日本一の農家民宿☆


キノコが出始めましたー☆

今シーズン初めて、キノコ狩り希望のお客様を

キノコ山にご案内することができました。


もう

イクチがね〜

大量でしたよ☆

DCIM0046-2.jpg


四季折々の体験メニューをご用意しておりますので、

今はまさに “キノコ狩り” ですね☆



実は私は

日本一の農家民宿(=体験型民宿)を目指しています。

・・・
・・・


えっ?

プププ(笑)

またこいつ変なこと言っている・・・



いや、マジなんです・・・



何をもって日本一か?


売上?

いやいや違います


年間稼働日数?

いやいや違います


年間宿泊者数?

いやいや違います



体験型民宿ですから、

ご案内できる体験メニューの数のことです。


現在、ホームページ上でご紹介している体験メニュー、

12項目あります。
http://www.toyooka-higashi.com/privacy.html


忙しくてホームページ更新できていないのですが、

現在、追加する体験メニューが3つあります。


それを加えると15項目になりますが、

私は、体験メニュー100項目を目標にしています。


あっ

大丈夫です、

出来もしないことは載せません。

自分で責任持ってガイドできる、あるいは信頼している

協力者に託せる田舎体験メニューを

100項目です。


農家民宿ひがしを拠点に、半径10キロ圏内で

100項目を目指しています。


実現すれば、

まさに田舎のテーマパークですね☆

ワクワク♪



ここからの話は

反骨精神むき出しの壬生が登場しますからね。

心して下さいよー。


5年前に

勤めていた職場を辞めて、

“農家民宿(=体験型民宿)” を始めた訳ですが、


開業準備中に読んで、今でもどうしても意識の

中に残り、思い出すたびに反発してしまう

マニュアルがあります。


長野県が出している

農家民宿開業の手引きです。


その中に

農家民宿開業にあたっての心得のようなページが

あります。

こういう気持ちでやりなさいよ、と。


なんだこれ?

いかにも行政的だなと感じました。


あのとき気持ち悪いと感じたこと、

どうどうと意見してやりますよ。


これです

疑問に思った項目 or 夢がないと感じた部分には

番号を振って、赤波線を引いてあります。

※クリックで大きくなります

img109.jpg



これら番号を振った項目に、

本気で体験型民宿やっている今の自分が、

どうどうと反発してやります☆


@自然体で対応する。

俺の考え → お客様に応じて変えるべき

お金をいただいている立場ですから、

こちらの自然体を求めているのか、丁寧な接客が必要か、

お客様を見て自分で判断するべき。


A無理をしない。無理は長続きしない。

俺の考え → お金をいただく以上、無理をしなければ

いけないケースは多々ある。

他の民間自営業者と一緒。


B農家民宿は副業。商業的になると続かない。

俺の考え → 商業的に必死でやらないと続きません。

考え方が甘い!


C家族の協力無くして、農家民宿は成り立たない

俺の考え → 俺、一人でやってます。


D農家民宿は、農業のついでにやるようなもの。

俺の考え → そういう考えなら、お金はいただけません。


E農家民宿は、プロ(旅館・ホテル)と

競争すべきではない。

俺の考え → えっ、何で?


F定員については、夫婦二人で対応できるのは

20人が限度。

俺の考え → だから何で?

手を抜かずに一人で20人対応しています。



なんでこんな保守的で消極的なマニュアルを

長野県が出しているのか?



農家民宿は

農家のお年寄りがやることを

前提にしているからですよね。



人生かけて、本気でやってやりますよ

俺が。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

2017年09月25日

思い通りにいかない面白さ


最近はフェイスブックでもブログでも触れていない

話題があります・・・

お気付きの方もおられるかと・・・・


ジビエプロジェクトです・・・



当初の予定では、今年の秋に自宅敷地内に

コンパクトな処理施設を建てて、今年中に

稼働させる予定でした。



3月にですね〜

保健所に確認をとりながら、食肉処理業の許可がおりる

ギリギリのコンパクトな処理施設を自分で設計したんです。


その設計図に基づいて、地元の業者に見積もりを依頼

して、6月にその回答をいただいたのですが、


自分が予想していた倍の建設費用が提示されて

しまいました・・・


事業資金の半分は自己資金から出して、

残りはクラウドファンディングを通して、

個人投資家から募る予定でいました。


建設費用が予想の倍になった時点で、資金繰りの

目途が立たなくなってしまいました。



進捗具合を心配してくれている友人、

諸先輩方などから、

様々なアドバイスをいただいております。


“行政(村)に資金的なバックアップを相談して、

公的施設として進めた方がいい”


“銀行から融資を受けて、リスクを背負ってでも

自力で進めた方がいい”


本当に親身になってアドバイスをいただいております。


有り難いですね。



じゃあ、どうするの?

と言われると


私の考えは

完全に “漂流” 状態です。

今のところ、どうしたらいいのか分りません。



繁忙期が過ぎたので、課題解決に向けた方策を、

ない頭をフルに使って、ひねり出していきますよ(笑)

これからね☆



思い通りに進まないのが、

これがまた楽しいんですよね。


この状況から生み出される

新しいアイデア☆

新たなお付き合い☆


どれも楽しみです♪



おっと、

もうすぐ日付が変わる。


先日、捕獲した鹿のスペアリブに

かじりつきながら

ブログを書いております(笑)


DCIM0010-3.jpg



ではまた☆







にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

2017年09月22日

秋ですな〜♪


フェイスブックを始めてから
https://www.facebook.com/profile.php?id=100015682871863

ブログの更新が明らかに減ってしまいました・・・

スミマセン・・・


でも

ちゃんとブログは続けて行きますよ☆


フェイスブックは基本、

写真に短文をくっつける投稿なので

気楽に毎日投稿できるのですが、

その反面、

思いの丈を綴ろうと思うと

長文になるので

フェイスブックは不向きなんです。


そんなときはブログですね☆



今日は

ブログな気分なんです♪



私は幼少期の頃、

ダンゴ虫やミミズなど

常に何らかの虫をポケットに入れている

虫好き少年でした(笑)


ただ、お勉強が得意ではなかったという

コンプレックスが

小学生から中学生にかけて芽生えてしまいました。


私は男3人兄弟の真ん中なのですが、

兄と弟は天才的な頭脳の持ち主で

常に学年トップの成績。



良い子、悪い子の評価基準が

今だに日本はテストの点数ですし、

当時の我が家もそうでしたので、

居場所がなかったですよ(泣)



とにかく内気で弱虫で自分に自信がなかったです。



高校生の頃、弱い自分を変えたい自分が芽生えてきたんです。



強い男になりたい・・・

やりたいことができる男になりたい・・・

自立したい・・・



そのために!

まずはコンプレックスを

克服しようと思いました。


俺のコンプレックス・・・

勉強です・・・


勉強大嫌いな俺が勉強をするように

なりました。


間違っているかもしれませんが、

当時の自分は

この判断をしました。


高校では学年で上位の成績を取れるようになりました。


その後、進学した

東京農業大学

4年間勉強しまくって

成績トップで


卒業式の時、

学長賞をいただきました☆


コンプレックスを克服した瞬間です☆



その後の進路、周囲から大学院進学を薦められたのですが、

いやいや(笑)


自分の人生は自分で開拓する!



田舎へ移住しましたよ(笑)


会社勤めで貯金を蓄え、

貯金が1000万円貯まったところで

退職し

築100年の古民家をリノベーションして

今の農家民宿を始めました。


楽しいです♪

が、


はっきり言って、儲かりません(笑)

会社勤めの方が楽です。


“楽” と “楽しい” は全然違います。


みなさん、どちらを選びますか?


俺は

言うまでもありませんね☆

“楽しい” を選びました。


なーんにも怖くない。

今の俺ならどうにでもできる☆


これからだって

楽しく生きていけるさ☆


21314748_216309425568485_984846316332847440_n.jpg


DCIM0032-3.jpg





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村