2017年04月23日

同業者同士のマナー


最近はフェイスブックへの投稿ばかりが多くなり、

ブログの更新が久し振りになってしまいました。

スミマセン・・・


フェイスブックにも書きましたが、

同業者同士のマナーについて、

改めてブログで書きたいと思います。


屋号(店名)についてです。


うちの屋号(店名)は、

“農家民宿ひがし” です。


3年前だったかな、

お隣の新潟県で、同じ屋号(店名)のお店が

オープンしたのです。


農家民宿ひがし


です。



うちと全く同じ屋号(店名)です。



これは困ったなと、当時

思いました。



何が困るって、

お客さんが混乱します。



当時、思ったんです。

近いうちに間違いが起きる・・・



実際に起きてしまいました。



先日、うちに予約したお客様が、

新潟の“農家民宿ひがし”へ行ってしまったんです。

作ってしまった料理は、

近所の方に食べてもらいました。


DCIM0009.JPG

DCIM0030.JPG

DCIM0042.JPG




これだけではありません。


うちの取引先の旅行会社のご担当者も、

あちらへコンタクトを取ってしまいました。



たぶん、これからも

同じことが起きます。



結論を言いますと、

私は

何も

文句は言えません。



屋号(店名)を

商標登録していないからです。



それでも、

一応、

新潟の“農家民宿ひがし”へ

電話はしました。


これからも同じような混乱が起きますよ。



個人事業者が、

商標登録なんて・・・


コストと労力を考えると、

現実的ではありません・・・



マナーの範疇だと思います。



私は開業する前、

当然、

私が使いたいと思っている屋号について、

調べました。


既に使われているかどうかです。



誰も使っていなかったので、


農家民宿ひがし


を使いました。



この作業って、

マナー

だと思います。


何故なら、

既に使われている屋号(店名)を使うと、

そのお店に対して、

そこのお客さんに対して、

混乱を与えるからです。



同じ名前を使うのやめて下さい!

って、

言えません。

法的に全く問題ないので・・・



これから、

ご予約を受けた際に

ひと手間、

加わります。


長野ですか? 新潟ですか?


なんで

こんな確認が必要なんだよ!?





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

2017年04月16日

谷を埋める


渓流釣り希望のお客様にご案内している近所の川、

“虻川”です。

P9300017.JPG

P9280085.JPG



本当に清らかで透明な美しい川なんです。

“虻川”


私は、この川の上流域に関しては、7割程度、

熟知している自信があります。


それだけ、この川に入っています。

もちろん渓流釣り目的で。



ここへ移住してから

この川には散々、遊び相手になってもらいました。


私は独身なので子供は居ませんが、

もし自分に子供がいれば、

この川で、この山で、人間性の重要な部分を

育むことが出来る場所だと思っています。


一緒に川に入って、山に入って、

色んなことを教えることが出来ます。




もうじき、この川で遊べなくなります。


リニア工事が、いよいよ、

目に見える形で具体的に始まります。


この川筋の上流域にある

谷を埋める計画が進んでいます。

間もなく、計画ではなく

決定に変わるでしょう。


地下トンネルを掘る際に発生する土を捨てる

“土捨て場”にするのです。




“リニアを心配する会”という

村内の団体が、

この“土捨て場”の現地視察会を企画したので

私も申し込んで行ってきました。


DCIM0001.JPG



実際に“土捨て場”となる谷を

林道を歩いて見下ろしてきました。

DCIM0031.JPG



私は、土木系の知識が乏しいので、

下流域の住民への災害リスクとかは、

論ずることが出来ません。


大雨が降ったらどれだけ流出するとか、

知識がないので分かりません。




ただ、

“俺の遊び場がなくなる”


自分勝手でスミマセン。



だけど、

私だけの問題ではないんです。


私は

ここを

今の仕事を通じて、

数百人、特に感受性の敏感な子供にプラスの刺激を

与えることが出来る自然豊かな場所だと

思っていました。



狭い林道なので、これから拡幅工事が始まります。

JR側の説明では、工事が始まれば、

朝8時〜夕方5時まで

通行止めにするそうです。



私は特定の宗教を信仰している訳ではないし、

これからも、

何からも、誰からも縛られずに

自分本位な考えで生きていくと思います。




ただ、これだけは訴えたい。



私が住んでいる地域、

壬生沢諏訪神社、明神石、不動滝、成田不動、

高石様、阿弥陀堂・・・

集落単位で調べるとまだまだあります。


私が住んでいる小さな地域だけでも、

これだけの信仰、お祀りの対象があります。



自然に生かされ

自然を畏れ

自然を敬い

その中で生きてきた


かつての日本人の自然と向き合う姿勢、

どこに行っちゃったの?




目先の経済的な潤いなんて、価値はないと

思うんですよね。



これからの日本にとって何が大切か。


まっとうな人間性を形成できる環境だと思うよ。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

2017年04月12日

記憶よりも記録


前回のブログに続き、今日もまたホームページを

更新しました。


予約状況が一目で分かるカレンダーを追加しました。

せっかく宿泊希望のご連絡をいただいても、

大型連休や夏休みなど

既に予約済みの場合が多々あります。


予約済みにも関わらず、

お客様に問い合わせの手間をお掛けしておりました。



前々から必要性は感じていたんです、

ご予約状況カレンダー。


これってホームページに埋め込むの

結構大変なんだろうな〜

と思い込んで避けていたのですが、

今日

やってみたら結構簡単に出来ました。

http://www.toyooka-higashi.com/reserve.html



googleカレンダーです。

これすごいですね。


ホームページへの埋め込み方を分かり易く解説している

サイトもあって助かりました。


さらにさらに有り難いことがありました。

宿泊予約を自社サイト(自分のホームページ)から

直接受けているほか、

外部の会社が運営しているサイトからも

ご予約を受けています。


airbnb(エアビーアンドビー)です。

https://www.airbnb.jp/rooms/10577427



ここのカレンダーにも反映できるんです。


自社サイトと外部サイトのカレンダー、

入力内容が両方のサイトのカレンダーに

反映されるんです。


つまり、ダブルブッキングという無責任な事態を

回避できます。



ダブルブッキング


例えば自社サイトで予約を受けている日に

外部サイトからも予約を受けてしまった、

こんな事態です。



これまで

そんなミスを犯したことはありませんが、

今後起こりうるリスクでした。



これでダブルブッキングのリスクは

回避できます。


流れはこうです。


●メールなり電話でご予約を受け付ける

  ↓

●手帳に書き込む

  ↓

●googleカレンダーに書き込む

  ↓

●ホームページと外部サイトのカレンダーに反映される



ダブルブッキング回避と共に、

お客様は予約状況を確認して、

不必要な問い合わせをする必要がなります。



ちなみに最初にご予約を受け付けた際の書き込み先は、

必ず“手帳”です。

ここだけはどうしてもアナログです。


メールだけでの予約受付ならば

ダイレクトにgoogleカレンダーへの書き込みで

構いませんが、

電話での予約受付も多いです。


人間の記憶力はそれ程あてにできないので、

電話で会話しながら

即座に手帳に内容を書き込みます。


記憶よりも記録です、

大事なのは。


サラリーマン時代、

さんざん痛い思いをしました。


言った言わない、

そんなはずはない、

こういう話だったはずだ、

・・・・



正確な仕事をするためには

記憶に頼っていてはダメなんですよ。

記録です、確かなのは。



私は常に手帳を肌身離さず持ち歩いています。

ここに私のスケジュールの全てが記録されています。


もし、

紛失したら・・・


想像しただけで

ゾッとします。



おそらく


泣くでしょう・・・






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村