2016年10月28日

イクチ再び



今シーズンのキノコ狩り体験は終了しました、

と、先日のブログでお伝えしました。


ただ、まだ少しは出ます。


なので、終盤のキノコ狩りを一人で楽しむべく

今朝、キノコ山へ行ってきました。


DCIM0019.JPG



久し振りにイクチを発見

俺の大好きなキノコです。

よ〜、久し振り

DCIM0002.JPG



イクチは、発生の時期が早く、キノコシーズンの到来を

告げるキノコです。


発生の時期が早いため、終盤にはほとんど出ません。



久し振りの再会を喜びつつ、

まだあるかな〜?


周りを見渡します。



え!?


DCIM0010 (2).JPG



あれ!?


DCIM0013.JPG


DCIM0014.JPG




いっぱいいる・・・・



終盤の時期に、再びイクチピークが到来しています。



今日の夕食は、

イクチをふんだんに使ったキノコ汁で決まりだな。


DCIM0023.JPG




キノコの世界は本当によく分からない。


それゆえ、面白い。






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

2016年10月27日

鹿すじ肉の中華スープ


鹿のすじ肉、これ美味しいんですよ。


この部位、多くの場合、活用されません。

すじが硬くて、食材として使いにくいからだと思います。


捨ててしまうか、

せいぜい犬のエサにするくらいです。



だけど、私は、好んで食べています。


調理次第で柔らかくなります。




うちに来るホームステイの中学生には必ず出します。

鹿すじ肉の中華スープ


@完成.jpg



A盛り付け.jpg


おかわりの奪い合いになって、鍋が空っぽになります。


やっぱ、美味いんだよな〜


鹿のすじ肉

B鹿肉アップ.jpg



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

2016年10月26日

久々のアルバイト



この地域の冬の代表的な特産品、“市田柿” です。

私はサラリーマン時代、この“市田柿”を販売する会社で

経理を担当していました。


“市田柿” っていうのは、出来上がるまでに、ものすごく

多くの工程を要します。



繁忙期には、製造現場へ手伝いに行っていたのですが、

恥ずかしながら、“市田柿” を作る工程、すべてを

経験した訳ではありません。


なので、やったことなのない工程は、やり方を知りません。



近所の生産農家から、

人手が足りないから手伝ってもらいたいと頼まれました。


空いている日にしか行けません、

たぶん数日しか行けませんよ・・・


それでもいいから、来て



猫の手も借りたいぐらい忙しいようです。


今日行ってきました。



作業内容は、

やったことのない作業でした。



皮をむいた柿を、柿暖簾(のれん)に吊るす作業です。



やり方を教えてもらいました。


おお〜、これなら初心者の俺でも出来る作業だ。



要領をつかんでスピードアップしてくると

結構楽しい♪



柿すだれ

DCIM0001.JPG




この柿すだれ、地域内の至る所で、11月いっぱいまで

見られます。


特に古民家の軒先に吊るされている光景は、すごく

風情があるんです。



この地域のこの時期に根付いている風物詩と言っても

いいでしょう。



来年も手伝ってよ、

早速、頼まれました。



明日も午前中だけ行ってきますよ。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村