2016年04月24日

愛しの壬生沢川


ここ豊丘村は、JRが現在進めているリニア新幹線工事の

ルート上にあります。


豊丘村の中でも、とりわけ、この地区が大きな影響を受けます。

地下にトンネルが空きます。


地下にトンネルを空けるということは、そこに流れている

地下水脈を切断することになります。



先日の新聞に、こんな記事が掲載されていました。

工事区間にある河川の水量が、どの程度減少するか、

その予測をJRが具体的に数値で公表したのです。


その記事がこれです(画像をクリックすると拡大します)

img086.jpg


渓流釣り希望の、お客様にご案内している “虻川” は

11%〜13%の水量減少。

うちの前を流れる “壬生沢川” は、6%の水量減少、

と公表されました。


JRが示した数値です。

どの程度、公平な客観的データかは、

わかりません。


記事の後半部分にも記載があるのですが、

山梨県笛吹市の工事の際には、川が枯渇しました。


この地域の川が枯渇するのかどうかは、

分かりませんが、水量が減るのは間違いないでしょう。


今のうちに、

リニア工事で荒らされる前に、


しっかりと、


私の遊び相手の川の姿を、


この目に刻んでおきたいと思いました。




だから、今日、


家の目の前を流れる “壬生沢川” の最下流に行きました。


最下流から、上流にある私の家の前まで、

しっかりと見たかったんです。


下流から上流まで、釣竿を持って、歩きました。



下流の河原に軽トラを停めます。

P4230045.JPG


そこから歩いて “壬生沢川” が終わる場所まで行きます。


ここで天竜川の一部になります。

つまり、 “壬生沢川” の終点です。

P4230048.JPG

P4230047.JPG


ここから、

はい、

スタート!


P4230053.JPG

お昼前、11時40分


我が家がある上流部を目指して、遡上します。


雑草が生い茂り、いかにも下流の雰囲気

P4230055.JPG


護岸工事が充実していて、大雨時などの災害防止には

心強い。

が、釣り場としては、面白くない。

この辺は、足早に通り過ぎます。


P4230057.JPG




お〜、

面白くなってきた。

P4230063.JPG


エサのミミズを流すと、

ヒットー!!!


P4230061.JPG



綺麗なアマゴです。



その後も立て続けに、

ヒット―!!!

P4230068.JPG


P4230065.JPG



中流域に入りました。


川岸に柿畑が続きます。

P4230070.JPG

P4230073.JPG



竹藪も現れました。

雰囲気が良いです。

P4230074.JPG


おやおや、川岸に廃屋を発見。

P4230076.JPG


もったいない、

こんなロケーションの良い場所、

俺が家主だったら、ゲストハウスとして利用するのに。


庭に筍が出ていました。

P4230077.JPG



のどかだな〜

P4230078.JPG


これ、山菜で有名な “こごみ” の群生です。

P4230081.JPG

P4230084.JPG



上流域に入りました。



川の景色が一変

P4230086.JPG


ごつごつした岩が目立つようになりました。


これぞ渓流

P4230087.JPG


竹の倒木が行く手を遮ります。

P4230094.JPG



舗装された護岸を発見しました。

P4230090.JPG


山の中で釣りをしていると、しばしば見かけます。


舗装されているということは、

昔、田んぼや畑だったということです。



舗装された護岸の上に登ってみると、

ほらね、


田んぼの跡地です。

P4230089.JPG



こんな場所にも田んぼを作るなんて、

昔は、どれだけ土地が尊いものだったか、

実感します。



それにしても、やっぱり上流域は雰囲気良いな〜

P4230096.JPG

P4230097.JPG




そろそろ日が暮れそうです。

家の前まで遡上するつもりでしたが、

不動滝まで行ったら終わりにしよう。



私たち、壬生沢区民の信仰の対象となっている

不動滝。


“お不動様” と呼ばれています。

P4230100.JPG



時計は、17:30

P4230105.JPG



道路に出て、歩いて家に帰りました。


魚、たくさん釣れましたよ。

P4230109.JPG



ところで、軽トラは!?



大丈夫です。


取りに戻ります。



歩いて取りに行くわけではありません。


チャリです。

P4230113.JPG


子供の頃、頻繁に田舎に遊びに来ていたので、

中学生くらいの頃でしょうか、

お爺さんが、マウンテンバイクを買ってくれたんです。


それを今でも使っています。


うちから、軽トラを停めた最下流部まで、約3キロの

距離です。


重力に身を任せて下って行きます。


まったく辛くありません。

ただただ、楽しいだけです。


ヒヤッホー!!

P4230117.JPG



10分で軽トラのある場所に着きました。

下ってきただけですから、

楽勝です。

P4230120.JPG



さ〜て、荷台にチャリを積んで帰るか〜



んん!?


まさか・・・・

・・・

・・・



軽トラのカギを家に忘れてきたー!!!!


!!!!!




下ってきた坂道を

チャリで引き返しました・・・




約3キロに及ぶ上り坂


ただただ、辛かったです・・・




家に着いた頃には、すっかり日が暮れていました。


これこれ、これだよ。

P4230123.JPG


暗い夜道をチャリで下ります。


ヒヤッホー(無理矢理)

P4230128.JPG



軽トラとチャリ

P4230129.JPG



疲れました




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村



posted by mibu at 03:52| Comment(4) | 日記

2016年04月20日

駒つなぎの桜


阿智村の奥地の名桜

“駒つなぎの桜”


名前の由来は、

昔、源義経が、この桜に馬を繋いだという言い伝えが

残っていることから、名付けられたようです。

うちから車で約1時間の場所にあります。


今日撮った写真です。

P4200071.JPG



飯田下伊那地域では、もうほとんど桜は散っています。

だけど、この桜は今が満開です。


花に興味のない私が、何故ここへ行ったかと言いますと、

昨日からうちに泊まりに来ているお客様をご案内する

ために行きました。



今年からグローバルな民宿になった “ひがし” です。


今回は、台湾からのお客さま。


写真を撮るのが趣味の一人旅のお客様です。


日本に来たのは今回で5回目になるそうです。


今回の旅行は、トータル10日間の日本滞在で、

河口湖 〜 うち(豊丘村) 〜 富士宮

という旅行プランのようです。


うちには3泊していきます。


それぞれの滞在先で目的の撮影があります。



河口湖と富士宮では富士山の撮影です。


河口湖と富士宮は富士山を挟んで反対に位置しています。

なるほど、それぞれの場所から富士山を撮影したいんですね。



そして、この地域での目的は、“駒つなぎの桜” を撮影

することなんです。


今年はこの時期が満開になると予想していたそうです。

どんぴしゃ、当たっています。


スゴイ。



実は、うちを宿泊予約する前に、メールでやりとり

していた際、交通手段について悩んでいました。


電車もバスもありません。


車で行くしかないのですが、海外からの旅行者にとっては、

難しい問題です。


「その問題は私が解決しますよ

私が送迎します」


と英語で簡単に応えてしまいました・・・・



片道約1時間・・・



午前中に送って、夜に迎えに行ったので、

片道1時間を1日で2往復しました。


トータル4時間の運転・・・・


久し振りの長時間運転でした。



ただでは帰らないのが私です。


ルート上に “昼神温泉” があるので、

黙って通り過ぎるわけがありません。


送りの復路のときに、温泉に浸かってきました。


P4200081.JPG



明日は電車を使って、飯田市内観光をするそうです。


天竜川舟下りを楽しみにしていました。


俺の体が二つあれば、

“ロンリーウルフ号” に乗せてあげたいのですが・・・

P6140062.JPG





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村




posted by mibu at 23:56| Comment(2) | 日記

2016年04月16日

着々と


今日は朝から、有害鳥獣捕獲の許可を得るための講習会が

飯田国際射撃場でありました。


ここ豊丘村、隣接する喬木村、大鹿村の猟友会員、

約50人が参加しました。


午前中が銃猟の実技で、午後が罠猟の講義です。


罠猟の講義は、座って聞いているだけでよいのですが、

銃猟の実技が大変でした。


クレー射撃を行います。


一人、60発撃ちます。


飛んでいく皿を撃って割ります。


割れた皿の枚数よりも、

適切で安全な銃の取り扱いが出来ているかどうかを

見られます。



結構疲れました。


帰ってきて、銃の手入れをしました。


P4160064.JPG


P4160068.JPG



で、何発当たったかって?


60発中、28発でした。

P4160070.JPG



約半分です。



実は、同じラウンドを回ったグループに、私に銃を譲って

くれた方がいました。

つまり、この銃の元の持ち主です。


「初心者で半分も当てれば大したもんだよ、

練習すれば、すぐに上手くなるよ」



褒めて頂きました。


獲物をなるべく苦しめずに、急所を射止めること、

重要ですね。


もっと練習します。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村



posted by mibu at 17:51| Comment(0) | 日記