2018年04月09日

掘り炬燵


掘り炬燵を直しました☆


桜の花も散り始めた南信州、

ポカポカ陽気が続き、完全に春になったと思いきや

明け方の最低気温が 0℃に迫る“寒の戻り”。

いや〜寒い!


油断できない。


これがあるから、

炬燵(こたつ)をしまうのは5月に入ってからって、

私は決めているんです。


今日は、そんな“炬燵”の話です。


都会の暮らしでは、もはや珍しい“炬燵”ですが、

うちでは、普段生活している住居でも

その隣で運営している民宿でも炬燵を使っております。


もちろん電気炬燵のことですが、


なんと、民宿の方には、


使ってはいませんが、

“掘り炬燵” があるんです。

IMG_2237.JPG



現在、一般的に普及している電気炬燵の先輩です。



45センチ四方に畳を切って、四角い火鉢のような

ものを埋め込んであるわけです。

そこに豆炭を入れて熱源とします。


畳を切った部分は、通常(使わないとき)、

同じサイズの畳で隠してあります。

IMG_2347.JPG



民宿には、この掘り炬燵が三つあるのですが、

正常な状態のものは一つのみで、あとの二つは、

火鉢を受ける縁が腐っていて、火鉢が下に落ちて

います。

写真のような状態です。

IMG_2249.JPG



この二つの掘り炬燵をですねー、

お得意のDIYで直しました。


いや、得意でもないですね、

でたらめなDIYで直しました☆


IMG_2260.JPG

IMG_2261.JPG



何故直したかと言うとですね〜

私が使ってみたいという個人的な欲求と、

使ってみた結果、冬の田舎体験の一つとして

お客様に提供できるかもしれないと

思ったからです☆


もちろん、これから気候が暖かくなるので、

実際に提供できるのは、最短でも炬燵が必要になる

今年の秋からになります。


そして、

使い方なんですがね〜、

これがイマイチ確信が持てないんです。


物置に、

掘り炬燵用の、っぽい

道具があったので、

たぶんこれで良いと思うのですが、




IMG_2265.JPG

IMG_2267.JPG


木枠

IMG_2274.JPG

IMG_2279.JPG


下敷き

IMG_2280.JPG



うん、あとは

これに、電気炬燵同様、

テーブルと布団でいいと思うんだけど、


なんせ熱源が“豆炭”ですからね、

足を延ばした時に、直に触れてしまうと火傷します。

そのためのガードとなる金網なんですが、

網目が大きくて、

なんか心配なんですよね・・・

IMG_2265.JPG


足の小さい子どもなんかは、

網目に足が入っちゃうんじゃないの?


そこで思ったのは、

金網の上に被せる木枠、もしかしたら、ここに

もう一つ被せるガード(木製の格子 or 目の細かい

金網)があるんじゃないかな?


そう思って、物置をもう一度探したけど、

発見できませんでした。


他界する前に、お爺さんに使い方を

よく聞いておけばよかった・・・


まぁ

今シーズン、自分で使ってみて、安全上必要な

ものは自分で作ります☆


自慢する訳ではないですが、

危険を察知する能力には優れている自信があります。


自分で必要な物を作って、使ってみて、

道具の安全対策はどうにかできますが、

一番危険なのは、人による誤った使い方です。


なので、掘り炬燵体験を提供できるケースとして

現実に想定できるのは、

貸切利用のお客様ではなく、

学生のホームステイや研修など、私が傍にいる場合

だけになりますね。




posted by mibu at 01:49| Comment(2) | 日記

2018年03月26日

龍の形の雲


オーナーの紘彰です!!


みなさん、今日、空を見上げましたか?


龍がいましたね!


いや、本当です。


龍がいました。


長くて太いひと筋の雲です。



あまりに見事なので、

思わず写真に撮りました。



IMG_2129-1.jpg




飛行機雲? 地震雲?


いや、幸せを運ぶ “龍の雲” です!




何事も

捉え方次第なんですよね(笑)


不思議な現象を

災いの前兆と捉えるのか、

良いことがこれから起こると捉えるのか、

・・・


私は後者の方です。


良いことが起こると思っています☆



思い起こせば、

去年の今頃ですね。


田舎の魅力を人に伝える手段として、

長年、

ブログを綴って

いたのですが、

より多くの人に伝えたくてフェイスブックを

始めました☆


そしたら、

魅力的な女性と繋がって、

・・・

・・・



結婚しました(笑)


私が日頃、空を見上げるようになったのは、

空を見上げるのが好きな嫁さんの影響です。



“龍の雲” を見たことだし、これから更に良いことが

起こりそうだ☆



世の中や自分の周りの状況は常に変化するものです。


考え方次第で、その後の人生がプラスにも

マイナスにも変わってくるように思います。


変化を恐れるのではなく、成長するための糧と捉えて、

前向きに受け入れるように私はしています。


変化を恐れて何もしない

という姿勢では前進も成長もしません。


どんな些細な事でも、チャレンジして成功体験を

積み重ねることが大切だと思っています。


出来た☆

上手くいった☆

やれば出来る☆


それを繰り返すことで自信がついて、

前向きな姿勢になって、ますます行動意欲が

湧いてくる。


私の幼少期は、自分に自信がないネガティブ少年

でしたよ。


でも今はポジティブおじさんです(笑)


人生を豊かに楽しく過ごすポイントって、

“ポジティブ思考”でいることだと思います。



自分で経験してきたからこそ思うんですよね。


そのために

“チャレンジすること”

“行動すること”

これがいかに重要かって。




posted by mibu at 21:40| Comment(0) | 日記

2018年03月17日

キャンバス



ど〜も、オーナーの紘彰です☆

花粉症なので、この時期、

くしゃみを連発したり、頻繁に目をひっかいたりして、

鼻と目が赤くなっている今日この頃です。


暖かくなってきて、いよいよ畑作業が

忙しくなってきました♪

嬉しい限りです☆


忙しいのに嬉しいって・・・


自分の場合、やることが無い状況が地獄のように

苦しいので、

やりきれないくらい忙しい状況の方が幸せなんです♪



今日はですね〜

今年一年の民宿食材を作る畑の

土作りを行いました☆


耕運機で畑の土を起こして柔らかくしてから、

堆肥と石灰を播いて、再び耕運機で

すき込みます。


毎年、堆肥は近所の牛の養殖場から軽トラックの

荷台一杯を2,000円で購入、石灰は近所の農協から

一袋20kgで500円のものを数袋購入しています。


うちの畑、約一反(1,000u)にかける土作りの

コストが2,000円〜3,000円で収まります♪


ほかに必要なのは、

おのれの体力と情熱だけです♪


1年かけて畑を作るのって、

本当に楽しいんですよ♪



まっさらなキャンバスに自分の世界を描き出す

芸術家のような楽しみがあるんです☆


年間を通して、このキャンバスに約30種類の野菜を

描きます。



↓ 去年の夏場の光景

P7310060.JPG

生育状況、季節によって姿は変わりやがて収穫期を迎える。


去年の失敗や連作障害の影響、日照条件などを

考えながら、

今年はどこに何を植えようかな〜♪


今年のキャンバスを目の前にワクワクしております☆

IMG_2089.JPG



実はこの畑、民宿を始める前の会社勤めをしていた頃に

自由に使わせてもらえるようになったんです。


それまではお爺さんが所有しており、近所の親戚に

貸しておりました。


俺がどうしても畑をやりたかったので、

お爺さんに頼んで

返してもらって、俺に任せてもらいました。


平日サラリーマンの

休日農業です♪


“俺の畑” です。


雑草がはびこるのも、小さな野菜しか採れないのも

それを近所から笑われるのも、

全て“自己責任” です。


それが、自分が求めていた大事な経験だったんです。


会社勤めでは

どうしても満足できなくて、

人の指示には従いたくない、

自分のやりたいようにやってみたい、

成功も失敗も、ちゃんと実感したい、

“自分でやってみたい” と思って始めた

その第一歩は

“畑” だったんです。



俺にとっては、

まっさらなキャンバスが

“畑” だったんです。


自由で楽しかった☆


みんなそれぞれ、自分だけのキャンバスを

持っているはずです。



“まっさらなキャンバス”

ここに何をどう描くかは自分次第です。





posted by mibu at 23:00| Comment(0) | 日記